Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欅坂46、新二期生も加わった配信ライブで約30万人魅了~覚悟と共に改名、リスタートを発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

7月16日、欅坂46が初の無観客配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU!」を開催した。

これはグループにとって、昨年9月の東京ドーム公演以来実に約10カ月ぶりとなるワンマンライブ。従来の公演とは異なり客席を設けず、楽曲ごとに異なるステージが用意され、複数のステージをメンバーが縦横無人に動き回る新しいスタイルのライブとなった。欅坂46初となる無観客ライブは複数の動画配信メディアにて配信され、チケット購入者は約9万人、総視聴者数は推定30万人にのぼった。 この10カ月の間に多くの変化を吸収し、次のシーズンを目前とした欅坂46。OVERTUREが流れる中、緑の制服に身を包み一列に並んだメンバーの後ろ姿が画面に浮かび上がる。会場の外に立つ彼女たちは、徐々にせり上がるシャッターを抜けてスモークに覆われた場内へ。欅坂46の大きなフラッグが掲げられた簡素なステージに上がると、カメラの方へと一斉に振り向いた。

ミラーボールのまばゆい光が場内を照らすと、「太陽は見上げる人を選ばない」でライブがスタートした。穏やかな歌声を響かせ、ライブができる喜びを分かち合うように笑顔で顔を見合わせるメンバーたち。楽曲の途中からは今年2月に配属が発表された新二期生も加わり、フレッシュな魅力をふりまく。最初のMCでキャプテンの菅井友香は、「この日を迎えることができて本当に感謝しています」と挨拶。小林由依が「ライブをしたくてうずうずしていて。欅坂の曲を熱唱してダンスも踊って、家でも欅坂を楽しんでました」と話すと、二期生の森田ひかるは「いろいろな仕掛けが登場するので、楽しんでいただけたらうれしいです」とアピール。新二期生の大園玲は「初めてのライブが新しい形のライブなので緊張していますが、先輩方と画面の向こうの皆さんと一緒に記憶に残るライブにしたいです」と意気込んだ。

メンバーが次のステージへと移動し始める中、会場には突如として大型トラックが侵入してくる。一人残された土生瑞穂がトラックに追われながらメンバーの元に合流すると、周囲をぐるりと車に囲まれた円型のセットが出現した。車のヘッドライトを浴びながら「エキセントリック」を一心不乱に歌い踊る彼女たちを、カメラはさまざまな角度から捉えて臨場感を伝える。会場奥に設置された巨大スクリーンに東京の夜景が美しく浮かび上がると、メンバーは3階建ての鉄骨子ステージへ。ここで披露された「東京タワーはどこから見える?」では、メンバーの個性光るダンスが際立った。 無観客ライブだからこそ実現できる大がかりな舞台演出で、楽曲の持つ世界観を色濃く表現していくメンバーたち。場内が暗転すると、手に持ったハンドライトで広い会場をあちこち照らしながら、学校風のセットへと歩きだす。真夜中の校舎にこっそり忍び込むように、彼女たちは教室、音楽室、理科室と3つに分かれた舞台をライト片手に探索していく。尾関梨香がふいに倒した花瓶が割れるその音を合図に、「Student Dance」のパフォーマンスが始まった。ここから彼女たちは、エッジの利いたサウンドに合わせて机やピアノの上で踊ったり、白衣を着てでたらめな科学実験に興じたりとやりたい放題。さらには椅子を叩き落したり花壇の花を引き抜いたりと、無秩序で退廃的なムードに没入していった。

【関連記事】