Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ほんとうにあったUFO調査をドラマ化!BTTF監督が仕掛ける「プロジェクト・ブルーブック」

配信

シネマトゥデイ

 1952年から1969年にかけて、アメリカ空軍で実際に行ったUFO調査の報告書に基づいて制作されているテレビシリーズが「プロジェクト・ブルーブック」だ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキスが製作総指揮を務める本作は、天文物理学者のJ・アラン・ハイネック博士とマイケル・クイン大尉のコンビが、さまざまなUFO目撃事件に挑む姿を追ったミステリードラマ。新シーズンの日本放送がせまるなか、ハイネック役のエイダン・ギレンとクイン大佐役のマイケル・マラーキーが制作の裏話を語った。 「プロジェクト・ブルーブック」シーズン2予告編  ハイネック博士は、映画『未知との遭遇』のコンサルタントも務めた実在の人物。彼を演じるギレンは、役づくりのために博士の著書や調査資料、事件に関連したビデオも徹底的に調べあげ、博士の息子たちにも会ったという。「ハイネックには知性と好奇心、やる気と、正直で温かみがあり、少しだけミステリアなところがある。いつもそういうことを心に留めて演じているんだ」。

 ギレンといえば、大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で演じた、狡猾で野心的な登場人物ピーター・ベイリッシュ役が知られているが、全く違うように見えるハイネック博士役にも、ベイリッシュと共通点があると分析する。「知的で頭の回転が早く、機知に富んでいるところが似ている。僕自身はそうじゃないけど、誰よりも頭がいい人に思えるセリフを(脚本家に)書いてもらって演じられるのは素敵だね」。最初はUFOに懐疑的なハイネックは、調査を通じて徐々にその存在を信じるようになっていく。現実はそこまでシンプルではなく、実際に彼がUFOを信じるようになるまでには、30年近くかかったそうだ。

 ハイネックの相棒・クイン大尉は、“プロジェクト・ブルーブック”の初代ディレクターがモデル。空軍の狙いは、彼らの調査を通じて、UFO目撃証言には科学的な根拠がないという結論を導き、真実を隠蔽することにある。そのためクインは、ハイネックと空軍の狭間で、微妙な立場に立たされることになる。  「シーズン1でクインは、ハイネックに偉そうな態度を取ったりもしていた。しかし、同じ体験を通じて友情が生まれ、今は彼と一緒に真実を見つけたいと願っている。でも、クインは空軍に所属しているから、完全にUFOを信じるわけにはわけにはいかないんだよ」(マラーキー)

【関連記事】