Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

こだわって撮っているからこそ、大きなスクリーンで観て欲しい~入江悠監督:がんばれ!ミニシアター

配信

シネマトゥデイ

 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い発令された緊急事態宣言が解除され、現在全国の映画館では、少しずつ営業を再開しているが長期の休業が続いた経営規模の小さなミニシアターでは閉館せざるを得ない可能性もある危機が続いている。今だからこそ、ミニシアターの存在意義について、今の日本映画界を担う映画人たちに聞いてみた。  2009年に公開した埼玉県の田舎町を舞台にした『SR サイタマノラッパー』(2009)が全国各地のミニシアターでロングランヒットを記録し、今では『AI崩壊』(2020)など多くの作品を精力的に世に送り出している入江悠監督。入江監督にとって、『SR サイタマノラッパー』のロケを敢行した埼玉県深谷市は自身の生まれ育った故郷でもある。

「子供の頃は、地元に映画館がなく、映画好きな両親に連れられて、地元の市民ホールで上映していた映画をよく観に行っていました。子どもが好きなドラえもんシリーズはもちろん、『ターミネーター』(1984)や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)や角川映画など、さまざまな映画を観て、劇場に行く楽しみを教えてもらいましたね」と話す入江監督は、小学生の頃、放課後に通っていた学童保育で、上映されていた移動映画館の映画を楽しみにしていたという。

 そこで観た、『夢のチョコレート工場』(1971年)や赤毛の女の子が活躍する『長くつ下ピッピの冒険物語』(1988)は子供だった入江監督の心を躍らせた。実は、このとき自主上映を行っていた男性こそ、2002年にオープンした深谷シネマの支配人・竹石研二さんであり、竹石さんがカメオ出演も果たしている『SR サイタマノラッパー』以降、自身の作品も深谷シネマで数多く上映されてきた。今では入江監督にとってなくてはならない大切な映画館となっている。

 高校生になった入江監督は、当時、近い存在だった映画に将来の道を見た。「自分がやってみたいことをいろいろ考えて、消去法で映画になった程度」と言うが、多くの映画を観て育った入江監督の心に映画作りはきっと魅力的に映っていたのだろう。その後、日本大学芸術学部映画学科監督コースへと進んだ。大学生になってからは、若者たちにとってのカルチャー発信地でもあったシネマライズやユーロスペース、シネクイントに通い、ヴィム・ヴェンダースやレオス・カラックスを始め、独立系からクラシックの名作まで多くの映画を観に行った。

【関連記事】