Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2度のPK献上で10連勝逃したアタランタ指揮官が判定に激怒「腕を切れとでも?」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

 アタランタ指揮官のジャン・ピエロ・ガスペリーニ氏は、ユヴェントス戦の判定に対する不満を述べた。12日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。  11日にセリエA第32節が行われ、現在リーグ戦9連勝中と波に乗るアタランタはユヴェントスと対戦。敵地で2度リードを奪う展開となるも、オランダ人MFマルテン・デ・ローンとコロンビア代表FWルイス・ムリエルがエリア内でいずれもハンドの判定を取られ、PKから2失点を喫しドローに終わった。この試合の判定に、アタランタを率いるガスペリーニ監督は納得がいかないようだ。試合後、同指揮官はこのようなコメントを残した。 「厳しすぎる。これは明らかすぎるほどのことだ。これがルールだ。イタリアでは何よりもまず重視される。でもどうしろというんだ、腕を切れとでもいうのか?」 「守備のやり方を変える必要はない。世界で他に同じ解釈の判定をするリーグなんてあるか?そんなリーグはない。他では起こらないのにどうしてここではそんな判断をしてしまうんだ…」  試合は首位のユヴェントスに勝利してもまったくおかしくない展開だっただけに、勝利を目前で逃した悔しさを強くにじませた。

SOCCER KING

【関連記事】