Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

必要なのは、全ての無症状者への徹底的なPCR検査ではない。尾身会長「100%の安心は残念ながら、ない」【#コロナとどう暮らす】

配信

BuzzFeed Japan

「Go To トラベル」キャンペーンから、東京都民と東京への旅行を対象から外すことを政府に提言した、新型コロナウイルス感染症専門家分科会。尾身茂会長は7月16日の会見で、新型コロナウイルスの検査体制の拡充をするための戦略を、改めて示した。【BuzzFeed Japan/千葉 雄登】 新型コロナの症状がある人や、無症状ながら感染者との接触や周辺での流行状況などから感染の可能性がある人(=事前確率の高い人)など、医学面や感染対策面から必要と思われる人には、積極的にPCR検査を行う。 一方で、症状がなく、かつ状況等からみて感染の可能性が低い人(=事前確率が低い人)に対する検査は、行政検査としては行わないという。単に「不安から調べてほしい」という人には、国の施策としては、現段階では積極的に検査はしない、ということだ。 ただし、災害の被災地に関しては、支援活動を円滑に行うために事前確率が低くても別枠で検査するという。

「無症状者全てに検査を行うことはない」

分科会後の会見で、尾身会長は「一般の方はここに関して関心があると思うので、説明をさせてもらいたい」と語り、有症状者と無症状かつ事前確率が高い人に対して想定される国全体の検査ニーズを国民に速やかに明らかにすることで、合意したと語った。 事前確率が高いケース、つまりクラスター発生が疑われる場所にいたり、周囲に陽性者がいたりした人の場合などについて、検査を行うことが基本方針として定められた。

特に、コロナの症状がない人については、以下がその対象となる。 (1)地域や集団、勤務先などで感染の広がりを疑う状況があり、クラスター連鎖が生じやすいと自治体が判断した場合 (2)高齢者等、重症化しやすい人が多くいる医療機関や高齢者施設などで、感染が1例でも出た場合(検査実際の判断は地域における感染状況を踏まえる) (3)入院時や手術前など、医師が必要と認める場合 (4)検疫における必要な検査 (5)被災地において支援活動が円滑に行われるための検査 これまで行われてきた濃厚接触者への調査に加え、 ・重症化で亡くなる人を減らすための検査 ・水際対策を進めて社会経済活動を活性化するための検査 ・被災地での支援活動を円滑にするための検査 の必要性が認められたかたちだ。 被災地での検査について尾身氏は「被災地や避難所については大事なことなので、別枠として事前確率が低くても(濃厚接触者等と)同じ扱いで考えます」と語った。 被災地支援に行く人に検査するのか、被災地にいる全員にするのか、被災地から帰る人にするのかといった詳細については、こらから検討していくとした。

【関連記事】