Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JR東海や三協立山など5者、新幹線車両の水平リサイクル実現。内装部品にアルミ再利用

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
鉄鋼新聞

 東海旅客鉄道(JR東海)が新型東海道新幹線車両「N700S」の内装部品にN700など旧型車両の廃アルミ材を再利用する方針を示したことを受け、新幹線車両のアルミ水平リサイクルの運用が実現した。アルミ車両材のクローズドループリサイクルを目指してきた日本アルミニウム協会、リサイクル技術を確立したハリタ金属、押出材料を提供している三協立山などが13日に公表。JR東海と日本車輛製造、日立製作所、ハリタ金属、三協立山が世界で初めて高速車両の水平リサイクルを達成した。飲料缶やサッシに続く水平リサイクルの実現で、アルミ業界が推進する”展伸材to展伸材”の動きが加速することになる。  JR東海は、今年7月から運行予定の新型新幹線車両「N700S」の荷棚などの内装部品に、700系、N700系新幹線車両の廃アルミ材料を素材として再利用していくことを明らかにした。新幹線車両の廃アルミ材料はこれまでアルミスクラップとして売却され、鋳物やダイカストなどへカスケードリサイクルされていた。今後はハリタ金属が新幹線の廃車両から選別・抽出したリサイクル地金を、三協立山の奈呉工場・新湊東工場で溶解・鋳造を経て16インチ押出機で成形した形材が、新型車両の荷棚材として採用される。これにより”新幹線to新幹線”の水平リサイクルが実現した形だ。  アルミ材料の水平リサイクルは、飲料缶ですでにリサイクルシステムを構築しているものの、それ以外の分野では建材の一部に限られるなど業界の課題とされている。こうした課題解決に向けて、2010~12年にNEDOプロジェクトとして「サッシtoサッシ」を可能にするX線によるスクラップ選別の実用化に取り組んだが、X線ではアルミ合金5000系と6000系の選別ができず自動車や鉄道車両への実用化が困難と判明。その後、経済産業省の実証事業として12~15年にレーザーによる成分分析技術を活用したレーザー誘起ブレークダウン分光法(LIBS)ソーティングラインの構築とともに、東京メトロの廃車両をモデルにLIBS選別のリサイクル事業性を確認。さらに16~18年にはアルミ協会内に鉄道事業者や車両メーカー、リサイクル業者、アルミ車両材メーカーなどから成る「アルミ車両の水平リサイクル推進委員会」を立ち上げ、NEDO事業としてアルミ鉄道車両材をモデルに水平リサイクルの仕組み構築を目指してきた。  16~18年度のNEDO事業では、規格を検討する上でLIBS選別された材料の溶解・鋳造および材料試験を実施。この結果、日本アルミニウム協会はアルミ車両のクローズドループの仕組みである規格「日本アルミニウム協会規格LIS AT6―2019」を19年2月に承認。同6月に規格書を発行したのちも、アルミ車両の水平リサイクルの実現に向けた取り組みを続けていた。  鉄道車両の水平リサイクルが実現したことで、今後も自動車材を始めとした他材料での水平リサイクルの実現が期待されている。