Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナパンデミックで最も大きな影響を受けた「Z世代」の絶望と希望

配信

現代ビジネス

 コロナウィルスのパンデミックによって最も大きな影響を受けたと言われている世代、それは「Z世代」(1996年から2015年の間に生まれた世代)である。未来への無限の可能性を秘めていた彼らに襲い掛かったのは、無責任な大人たちによる環境問題のツケ、そしていつまで続くかわからない外出自粛、つまり将来への不安と絶望だ。 【写真】地方で自殺が急増している「意外すぎる理由」  しかし同時に、彼らを震源地として広がり続ける新たなテクノロジーやインターネットカルチャーは、社会全体、そして世界全体にも多大な影響を及ぼし続けている。この先の未来を握るZ世代の目まぐるしく変わり続けるマインド、そして彼らが取る行動を理解することで、ありとあらゆるビジネス領域においても、より着実な将来プランが描けるようになるだろう。  本記事では、史上最年少の18歳でグラミー賞主要4部門を受賞したビリー・アイリッシュなど「Z世代」を代表するミュージシャンが象徴するこの世代の価値観を考察し、世界中のミュージシャンが直面している問題について、英語圏のメディアの記事を引用しながら解説する。世界のジャーナリズムではどのように未来が捉えられているのかを踏まえながら、様々な未来予想図や可能性を探りたい。

メンタルヘルスが「Z世代」の最重要課題

 日本では言及されることがまだまだ少ない、「メンタルヘルス(精神面における健康)」の問題。近年、アメリカでは、この問題がZ世代に甚大な影響を及ぼしているとして、メディアや企業、教育等において大変重要なテーマとして取り扱われている。  アメリカ心理学会(American Psychological Association、アメリカ合衆国における心理学分野の職能団体として代表的な学会)は、15歳から21歳までのアメリカ人の悩みに焦点を当てた調査報告書「Z世代は、メンタルヘルスに関する問題を報告する可能性が高い」を2019年10月に発表した。同調査によると、Z世代は非常に大きなストレスを感じている世代であり、ストレス要因のトップには大量に発生し続けている銃乱射事件が挙げられている。  調査によると、Z世代は、ミレニアル世代(15%)やX世代世代(13%)を含む他の世代と比較して、自分の精神的健康状態を「まあまあ」または「悪い」と報告する割合が圧倒的に高い(27%)。また、メンタルヘルスの専門家から治療やセラピーを受けたことがあると報告する割合(37%)も、ミレニアル世代(35%)と並び、X世代の26%、団塊の世代の22%、高齢者の15%と比較して非常に高くなっている。  「現在起きている社会問題は、国内の誰もがストレスに感じるものであるが、若い人たちは、ニュースで報道される問題、特に自分の手に負えないと感じている問題の影響を強く実感しています」と、APAの最高経営責任者であるアーサー・C・エバンス・ジュニア博士は言う。  「同時に、Z世代の人たちがメンタルヘルスの状態がよくない、または非常に悪いと報告している割合が高いということは、彼らがメンタルヘルスの問題をより認識し、受け入れていることを示している可能性があります。彼らがメンタルヘルスの話題に対してオープンになることは、原因の如何に関わらず、ストレスの管理について議論を始める機会となります」  また、「パンデミックによって、Z世代のメンタルヘルス状態はさらに悪化する可能性が高く、社会的生活もさらに偏狭なものになるでしょう」というBusiness Insiderの記事のタイトルの通り、すでにスマホやパソコンが中心の生活によってフィジカルな接触が減ってしまった多感的な世代にとって、コロナウィルスによって社会的距離を取らなくてはいけない上に経済悪化で雇用状況も安定しない状態は、残念ながらさらにZ世代のメンタルヘルスの悪化に追い打ちをかけることになるだろう。  同時に、VICEの調査記事「ミレニアル世代とZ世代に、パンデミックにどう対処しているのか尋ねて見た。彼らは、こう答えた。」によると、現在のコロナウィルスの状況においてZ世代は「思いやり」を大切にしていることが示されている。  「一世代に一度あるかないかのこの状況が、若い世代の視点を『劇的にシフト』させ、『他者への深い共感を生み出している』ことが研究で明らかになった。実際に、若者の間で感じられている感情は、『共感』が 『不確実性』に次いで2番目に高く集計された。  他者に共感する力と技術的なノウハウの組み合わせこそが、若い世代を今後の重要な存在にしている。  彼らは、わざわざ電話で話すという行為を取らなくても、うまくコミュニケーションをとることができる世代である。実際に大規模な社交場にいなくても、お互いに連絡を取り合う方法を直感的に知っている。彼らこそが、このウィルスを食い止める中核的なグループなのだ」  つまりZ世代は、オンラインを通してでも同じ価値観を持った世界中の同世代の人たちと連絡を取るためのスキルを備えており、寂しさを紛らわすために世界と繋がろうという積極性も持ち合わせている世代だと言える。  この変化が音楽業界に与える影響を考えると、従来の業界構造の中で定着してきた、「大人が主導して若いアーティストを成長させる」という構造が崩壊しつつあることに加え、さらにウィルス拡大による自宅待機で自立性を得た若者世代が、インディペンデントに、そして今まで以上にグローバルな規模でクリエイティブを生み出す方向に進むということが安易に予想できる。

【関連記事】