Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

100を切りたいゴルファー必見! 美女プロ・江澤亜弥が教える、真っすぐ飛ばせる“右ひじ”の使い方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

100を切りを目指すためにはマストとなる「曲がらないドライバーショットの打ち方」のポイントを、美女プロ・江澤亜弥に教えてもらおう。

右ひじのポジションに注意

ドライバーショットが曲がるのは、インパクトでフェースの向きがボールに対してスクェアに当たっていないのが主な原因。それは分かっていても、スウィングの速い動きの中で、インパクトの瞬間に意識してフェースを真っすぐに戻してくるのは至難の業だ。 美女プロ・江澤亜弥によれば、ドライバーショットが安定しないアマチュアの多くは、右ひじのポジションに問題があるケースが多いのだという。

「私自身、以前はバックスウィングからトップにかけて右ひじが浮く(フライングエルボー)癖があったんです。このフライングエルボーになるとトップでシャフトがクロスになり、ダウンスウィングでクラブは遅れてオープンフェースになります。そのままインパクトを迎えると右方向へのスライスに、それを嫌がってフェースを返すと引っかけのフックという結果になってしまいます」(江澤、以下同) さらに、トップで右わきが空いたり、トップで締まっていた右わきがダウンスウィングで空いてカットスウィングになったりと、様々なミスの原因となる動きが生まれてしまう。右ひじが浮くと右手が自由に動く状態が作られてしまい、クラブの軌道は暴れだしてショットが安定しなくなるわけだ。 では、スウィング中の右ひじのポジションを正しい位置に置くために気を付けるべきこととは何なのだろうか。

「スウィング中に右ひじが、常に体の正面側(右脇腹辺り)にあるように意識して振ってみてください。そうするとダウンスウィングで体を左に戻してきたときにクラブも体の正面にあるので、インパクトでもフェースがスクェアに当たり、ショットは曲がらなくなってきます」

体の軸が右に倒れないように注意

この右ひじを体の正面に置いて振る際に、併せて注意してほしいポイントが「体の軸」だと江澤。 「右ひじを体の正面から外れないように意識をすると、ダウンスウィングで体の軸が右に倒れてしまうことがよくあるので、この軸が倒れないように意識してください。軸が右側に倒れた状態でダウンスウィングをすると、せっかく右ひじを体の正面に置いてクラブが遅れてこない形を作ったのに、軸が右に倒れることでヘッドが遅れフェースが開き、右に飛び出すスライスが出てしまいます」(江澤) ダウンスウィングで体の軸が右に倒れてしまうのは、ボールを上げに行きたい気持ちが働くゴルフのスウィングには付き物のようなもので、これを克服できるかも「100切り」ができるかどうかの大きなポイントになる。この難題に対して江澤は電車に乗っているときの体の動きを例えにしてアドバイス。

【関連記事】