Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島・DJ便利屋になる! ビハインドも複数回も…チームのため「なんでもする」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 広島のDJ・ジョンソン投手(30)が13日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場での休日返上練習後、“便利屋”になることを宣言した。10日に今季初めて1軍に昇格した助っ人は、チームのために「なんでもする」とキッパリ。回またぎ、連投もいとわず、任された仕事を全うする。 【写真】イケメンエースは待ちに待ったマツダに気合い十分  熱い思いを言葉に変えた。休日を返上して練習したDJ・ジョンソンは、献身的な投球を誓いに立てた。「2軍にいたときから1軍の試合をテレビで見て、チームに貢献したいと考えてきた。そのためには何でもやる」と言い切った。  10日に今季初めて出場選手登録された。来日初登板となった11日の中日戦は1回2安打1失点。それでも「直球はしっかりと投げられた」と手応えもつかんだ。  開幕は2軍。課題は制球力だった。「テークバックとかをコンパクトにして、無駄のない動きができるようになった」。菊地原2軍投手コーチの助言を受けてフォームを微調整。球威を維持したまま、低めに投げられるようになってきた。  現状では勝利の方程式のメンバーではないため、リードされている場面での登板や、回をまたいで複数回を投げる可能性もある。「目指す場所はセットアッパーやクローザー」とした上で「どこでも投げる」と力を込めた。  メキシコ独立リーグでプレーしたことがある。米国時代は生活費を稼ぐため、オフに材木置き場で1日12時間のアルバイトも経験した。プレーできる喜びを知る苦労人は、任された場面に全力を傾ける。

【関連記事】