Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Krush】菅原美優と優は笑顔満開で計量パス「笑顔なのは2人とも接客業なので」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴング格闘技

2020年7月21日(火)東京・後楽園ホール『Krush.115』の前日計量&記者会見が、20日(月)都内にて行われた。 【写真】菅原がパワーを警戒するのもうなずける優の凄まじい筋肉ボディー  第6試合の第3代Krush女子アトム級王座決定トーナメント準決勝で対戦する、優(北斗会館押上道場)は44.8kg、菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)は44.5kgでリミットの45.0kgをパス。その後の会見に臨んだ。  今大会から開幕する第3代Krush女子アトム級王座決定トーナメント。菅原は「今回のトーナメントに選んでいただいてありがとうございます。凄いたくさん練習もできたので今回の試合はワクワクしています」、優は「明日は普段通り練習してきたことを出せればと思います」と、それぞれ挨拶。  改めて対戦相手の印象を聞かれると、菅原は「まず最初に思うのはフィジカルが強そう。試合を見ると攻撃も綺麗だしスピードもあるし。でも一番怖いのはパワー」とパワーを警戒。優は「思っているより飛距離がある、伸びのある攻撃かなって思いますね。縦の攻撃が綺麗で前蹴りやハイキックには少し注意したいと思っています」と菅原の長い手足から繰り出される伸びのある攻撃を警戒する。  今回の試合へ向けて、菅原は「学生生活が終わって社会人になって初めての試合。今までは出来なかった、新しいことを覚える時間がなかったんですが、今回は自分の武器になる新しい技を取り入れる練習をたくさんしました」と、技のレパートリーを増やしたという。  対する優は「明確な目標があるのとないのとでは気持ちの入りようが若干違う。その次が明確に分かった方が練習をしていてやりやすかった。試合がいつになるの分からない状況で、話はもらっていましたがどのタイミングで自分の出番が来るか分からない中で練習をしていたので。仕事と練習がままならず毎日つらい中だったのが、いい休憩をしながら練習できたことが今はプラスになっていると思います」と、新型コロナウイルスの影響で経営する美容サロンの営業も練習もできなかったことで、精神的にたくましくなったとする。  決勝で対戦したい相手を聞かれると、菅原は「チャン・リー選手とは試合をしたことがあるのでMOE選手がいいかなって。やったことがない選手がいいかなって」、優は「勝った方が強いんだろうし、どっちでもというよりも、どっちともまたやりたい。あまり考えてなかったです」と答えた。  2人は会見場に笑顔で登場し、ツーショットにも笑顔で応じた。その理由を聞くと菅原は「優選手の(試合前)コメントを読ませていただいて、私も今回楽しんで試合できたらなと思ってそういう気持ちで笑いました」と言い、優は「2人とも接客業(菅原は美容師)なので笑顔で接するからじゃないですか」と笑った。  また『鬼滅の刃』にもし自分が登場したらというシリーズで、K-1ファイターたちを『鬼滅の刃』風キャラクターでイラストにしていることが話題の優は「あれ、ちょっとだけバズったよね。このトーナメントのみんなのやつを書きたいと思ったんですよ。ポスターみたいに。みんな可愛いから書きやすいと思ったけれどそんな暇なくて、終わったら書こうかと思っています」と、試合が終わった後の楽しみにしていると語った。  最後に菅原は「たくさんの人たちに支えられて試合できるので、その感謝の気持ちを伝えたい」とし、優は「みんなもつらい時期でこの数カ月、日本全体が苦しい状況にあって私たちが特別なわけじゃない。いろいろなところで戦っている人がいて頑張っているから、私も頑張ろうとちょっとでも思ってくれればやっていてよかったと思える。会場に来る人も気を付けていただきたいのと、来れない方はABEMAテレビの前で見ていただければと思いますし、画面上でも応援とか伝わるので、皆さんぜひ来られる方も来られない方もこの4人の選手、出る全員に応援をお願いします」とメッセージを送った。

【関連記事】