Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長澤まさみ『MOTHER』、息子役に新人・奥平大兼 初オーディションで大役掴む

配信

クランクイン!

 女優の長澤まさみが主演を務め、俳優の阿部サダヲと初共演する大森立嗣監督の最新作『MOTHER マザー』より、長澤の17歳の息子役を新人俳優の奥平大兼が演じるほか、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花が出演することが発表された。併せて、本予告とポスタービジュアルも解禁された。 【写真】新境地の長澤まさみが… 映画『MOTHER マザー』ビジュアル  本作は、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、新たな物語として映画化する作品。長澤が自堕落で奔放な母親・秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく女に挑戦する。阿部は秋子と内縁の夫になるホスト・遼を演じる。  ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活を送る秋子(長澤)。シングルマザーの彼女は実の息子・周平に奇妙な執着を見せ、幼い周平にとってもまた、頼れるものは母親しかいなかった。やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく中で、母と息子の間に生まれた“絆”。それは成長した周平をひとつの殺害事件へと向かわせる。事件の真相に迫るとき、少年の“告白”に涙があふれ出す。彼が罪を犯してまで守りたかったものとは-。  初めてオーディションを受けた本作で大抜てきされ、青年期の周平役でスクリーンデビューを果たした奥平は「勉強になればとオーディションを受けました。審査側の机は選考書類の山でしたし、絶対受かるわけがないと思っていたので、合格の連絡を聞いたときは、嬉しいよりも驚きの方が大きかったです」と当時の心境をコメント。撮影前は、母親との関係に翻弄される息子という役柄を演じることに不安を覚えるも、「長澤さんが『大丈夫』と優しく声を掛けてくださり、お母さんのように接してくださったおかげで、脚本を読んで僕が感じた周平を演じることができました」と振り返っている。  そんな奥平について大森監督は、「頭で考えてできるような役ではないから、撮影が進む中で自分が感じることを大事にして欲しいと、とにかくずっと言い続けていました。彼が偉かったのは、演技の中で嘘をつかないことをやり通せたこと」と評価。共演した長澤は、「奥平くんは初めてお芝居をするとは思えないくらい堂々としていて、感じたことや思ったことを素直に反応してくれたので、今回、私はとても助けられていたように思います」とコメントしている。  本予告は、シャツに返り血を浴びた周平のセンセーショナルな姿からスタート。次いで、長澤演じる母・秋子の「(周平を)舐めるようにしてずっと育ててきたの」「私があいつをどう育てても親の勝手じゃないですか?」などのセリフと共に、母と息子の歪んだ愛情が伝わる場面や、「学校、行きたいんだけど」と母親に訴える周平の姿などが映し出されていく。後半では、夏帆、皆川、仲野、木野花ら豪華キャストも登場し、最後は「この真相をうけとめられるか?」と見る者へ訴えかける内容になっている。  ポスタービジュアルは、秋子が暗い表情の周平に恋人のように寄りかかる姿を切り取ったもの。周平目線の「こんな母親でも僕にとって世界(すべて)」というコピーが印象的な、不穏な空気が漂うビジュアルとなっている。  映画『MOTHER マザー』は今夏に全国公開。

【関連記事】