Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

変容するスポーツ中継のエコシステム:コロナの広告への影響と取るべき戦略とは【レポート】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

この記事はビジネスインサイダー・インテリジェンスのプレミアム・リサーチ・レポート「スポーツ配信エコシステム(The Sports Streaming Ecosystem)」のプレビュー版。レポート完全版(有料)はこちらから 【全画像をみる】変容するスポーツ中継のエコシステム:コロナの広告への影響と取るべき戦略とは【レポート】

テレビが無くてもスポーツ中継は楽しめる

有料放送にとって、スポーツ中継は最も人気の高いコンテンツのひとつであり、視聴者や広告主を惹きつけるための拠り所ともいえる存在だ。しかし近年はそのスポーツ中継でさえ、他のエンターテインメント番組と同様に動画配信サービスへと流れ始めている。 OTT(Over the Top:自前の放送インフラや通信網を持たない事業者によるインターネットを介したコンテンツ提供サービス)の台頭で、スポーツファンは有料放送に加入しなくても、さらに言えばテレビを介しなくても、スポーツ中継を楽しめるようになってきているのだ。 スポーツ中継を視聴できるプラットフォームは以下のように、いくつもの種類がある。 スキニー・バンドル(skinny bundle:テレビ局の放送が見られる動画配信サービス。CATVよりチャンネル数が少なく料金設定は低め。Sling TV、YouTube TVなど)。 メディア企業が運営する動画配信サービス(ESPN+、CBS All Access、NBCUniversalによるPeacockなど)。それぞれの局が放映権を持つ試合の中継を配信。 スポーツリーグが運営するサービス(MLB.TV、NBA League Pass、 NFL Game Pass)。 DAZNのようにニッチなジャンルを幅広く提供する、デジタル・スタートアップによるサービス。 IT企業(Amazon、YouTube、Facebook、Twitter、Twitch)が運営するプラットフォーム。近年ライブ配信の権利を獲得。 ソーシャルメディア・プラットフォーム(Facebook、Twitter、YouTube、Snapchat、TikTok)。スポーツ団体や放送局と提携し、スポーツイベントのハイライトや短縮版を制作・配信している。

【関連記事】