Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

双胴の悪魔が日本じゃ「ペロはち」呼ばわり? 超有名人も愛用の米「ライトニング」戦闘機

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
乗りものニュース

「ライトニング」 名門ロッキードが開発した異形の双発エンジン戦闘機

 2020年は『星の王子さま』などで知られる作家サン=テグジュペリの生誕120周年です。    サン=テグジュペリは1900(明治33)年6月29日にフランスのリヨンで生まれ、1944(昭和19)年7月31日に44歳で亡くなりました。彼は元々パイロットです。そのため第2次世界大戦ではフランス空軍の飛行教官を務め、アメリカに亡命したのち自由フランス空軍に志願し、最終的に地中海上空を飛行中、行方不明になりました。 【写真】操縦桿ではなくハンドルで操作するP-38のコクピット  そのときに彼が乗っていたのが、P-38「ライトニング」戦闘機の偵察型F-5Bです。原型であるP-38「ライトニング」は、ドイツ軍関係者から「双胴の悪魔」と呼ばれ恐れられた双発の大型戦闘機ですが、日本軍パイロットからはその形状から「メザシ」と呼ばれたり、「ペロはち」と呼ばれたりもしました。 「ペロはち」とは、簡単に撃墜できることから、「ペロリと食えるP-38」をもじってつけられたものでしたが、なぜドイツと日本で真逆の愛称になったのでしょうか。そこにはP-38が追い求めた性能が関係していました。  いまでこそロッキード・マーティンは世界屈指の航空機メーカーですが、その前身であるロッキードは創設からしばらくのあいだは民間機ばかりで、同社が初めて本格的に開発した軍用機といえるものが、このP-38「ライトニング」でした。

航続力、スピード、上昇性能の3拍子揃った優秀機の「評価」

 P-38が誕生する端緒になったのは、1935(昭和10)年にアメリカ陸軍が要求した高高度迎撃戦闘機の開発計画です。  アメリカ陸軍では同時期、高高度飛行性能に優れた4発エンジンのB-17戦略爆撃機を開発していましたが、敵国が同じような戦略爆撃機を用いた場合、自国に迎撃できる戦闘機がないことが不安視されました。その結果、高高度における飛行性能が優れた戦闘機を並行して開発することにしたのです。  ロッキードの設計案はアメリカ陸軍のコンペを勝ち抜き、1937(昭和12)年6月に「XP-38」の型式名で試作機の発注を受けます。それから約1年半後の1939(昭和14)年1月27日に初飛行に成功すると、わずか2週間後の2月11日には、西海岸のカリフォルニア州から東海岸のニューヨーク州にむけて北米大陸横断を行い、途中で給油のために2回着陸したものの7時間2分で達成。最高速度や上昇速度などもアメリカ陸軍の要求を上回っていたため、さっそく量産が命じられ、同年9月にP-38戦闘機として制式化されました。  当初、P-38は翼の異常振動や片側エンジン停止時の横転のしやすさといった問題を抱えていたため、危険な戦闘機というイメージがアメリカ陸軍パイロットに蔓延していたそうですが、各種改良によってそれらも徐々に改善されます。  第2次世界大戦では、1942年半ば以降から実戦投入されるようになり、ヨーロッパ戦線と太平洋戦線の両方で用いられました。しかし、高速性を追求して開発された戦闘機であったため、太平洋方面では、旋回性能に優れた日本軍戦闘機と相まみえた場合、格闘戦に持ち込まれると分が悪かったことから、緒戦では日本軍戦闘機に撃墜されることが多く、そこから冒頭の「ペロはち」と呼ばれたようです。

【関連記事】