Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

幼児期のデジタル学習 学んだことを実体験でも生かすことが習得につながる【専門家に聞く第8回目】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ベネッセ 教育情報サイト

近頃、幼児教育においても「デジタル学習」という選択肢が一般的になってきました。特にコロナで在宅時間が増えた今、家庭でできる習い事や遊びの延長として「デジタル学習」を取り入れるご家庭も多いようです。そこで今回は、デジタル学習を幼児期から取り入れる際の注意点についてご紹介します。お話を伺ったのは、幼児教育とデジタルメディアの関わりを長年研究されている、愛知淑徳大学の佐藤朝美先生です。

幼児期に育みたい「社会情動的スキル」

デジタル学習に限らず、最近では早期教育に取り組むご家庭が増えています。早いうちからお子さんにさまざまな知識を身につけてあげるのは素晴らしいことですが、幼児期において育んであげたいものとして「社会情動的スキル」が注目されています。OECDではたくさんのスキルをもとに定義していますが、たとえば<他者との関係構築のために必要な力や目標達成のために必要な忍耐力>などもその中に含まれます。園などで子どもが共同で何かを達成する中で育まれると同時に、家庭における学習環境も重要な役割を果たすと言われています。 本連載の第7回目では、主に言語や数・文字などいわゆる「認知スキル」と呼ばれるものを育むデジタル学習を紹介しましが、社会情動的スキルは「非認知スキル」とも呼ばれ、両輪で育てるべきものとOECDは説明しています。家庭でできる活動として、親子のやりとり(例:本を読む、一緒に食事をする、ゲームをして遊ぶ)が示されています。これらの親子のやりとりをより豊かにするものとして、デジタルコンテンツを取り入れるようにしましょう。 参照:OECDサイト資料 http://www.oecd.org/education/ceri/FosteringSocialAndEmotionalSkillsJAPANESE.pdf 関連リンク: 幼児期のデジタル学習 学習意欲を持続させるのに効果的?【専門家に聞く第7回目】 http://benesse.jp/kyouiku/202009/20200910-3.html

【関連記事】