Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【バレー】東京バレーボールアカデミー、緊急事態宣言延長でさらなる支援を呼びかけ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バレーボールマガジン

 バレーボールの個人指導を展開する東京バレーボールアカデミー(東京都墨田区)は、コロナ禍を乗り切るために4月22日からクラウドファンディングで支援を募っている。当初の目標に設定していた120万円には到達したが、緊急事態宣言が延長されたことで、まだ存続危機を脱することができていない。唯一の収入源であるレッスンができない期間が2カ月以上になるという異常事態に陥っているため、新たな目標金額を200万円に設定。5月28日までクラウドファンディングのプラットフォーム「CAMPFIRE」でさらなる支援を呼びかけている。  東京バレーボールアカデミーは、2010年から東京をメインにバレーボールの個人レッスンを行い、幅広い年齢を対象に約5万人に指導してきた実績がある団体。レッスン料を収入源として、アカデミーを10年にわたって継続してきた。しかし、新型コロナウイルスの影響で体育館が使用できない状態に陥り、2カ月間が経過しようとしている。  4月22日のクラウドファンディング開始当初は、緊急事態宣言が5月6日までの予定だったが、5月末まで1カ月近く延長されたことで、さらに資金繰りが逼迫してきているという。事務所費や人件費、システム維持費などのランニングコストはできる限り削減しているが、非営利団体のために蓄えもなく、厳しい状態が続いている。また、体育館が使用できるようになる時期が読めないことも大きな不安要素だという。  東京バレーボールアカデミーは「新型コロナウイルスを乗り越え、バレーボールをする場、学ぶ場を将来にわたって残すために、皆様のお力を少しでも貸してほしい」と切に訴えている。  クラウドファンディングは5月28日まで。支援金額(500円~)に応じたリターン品(TシャツやDVDなど)が支援者に届けられる。 ▼クラウドファンディングは以下のURLで行われている。 https://camp-fire.jp/projects/view/262290

【関連記事】