Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島湾岸にサプライズ花火700発 新型コロナ収束願う

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中国新聞デジタル

 新型コロナウイルス感染の収束を願う約700発の花火が23日夜、広島市南区の広島湾岸で打ち上げられた。多くのイベントが中止になる中、夏休みを終えた子どもたちをサプライズで喜ばせようと、中区などで日本料理店を営む佐々木康二さん(44)が私費を投じて企画した。 【動画】広島湾岸で打ち上げられたサプライズ花火  花火は午後8時すぎから約15分間、同区宇品海岸の船着き場から打ち上げられ、赤や緑などカラフルな光が夜空を彩った。花火の様子は地上のカメラ3台のほか、小型無人機ドローン1台を飛ばして上空からも撮影し、インターネットでライブ配信した。  「夢のあることをして、子どもたちに夏を感じてもらいたかった」と佐々木さん。6日の原爆の日に思い立ち、市や消防などに許可を得て準備を進めてきた。家族4人で見た南区の会社員光武聰さん(34)は「今年はもう花火が見られないと思っていたのでびっくり。すごく感動した」と喜んでいた。

中国新聞社

【関連記事】