Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

膝からドロップが正解だが……うっかり「前のやり方」でドロップしてしまった場合はどうなる?【ゴルフルール早わかり集】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

2019年1月1日より施行された新・ゴルフ規則をわかりやすく解説する書籍「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」より、ドロップと救済エリアに関するルールをまとめてご紹介。しっかりおさらいしておこう。

Q:ドロップの方法は?

答え:膝の高さから真っすぐ落とす。 解説:球を手に持って、膝の高さから球が真っすぐ落ちるように、落とします。

Q:間違った方法でドロップした場合は?

答え:ストロークする前に訂正 解説:間違った方法でドロップしても、ストローク前であれば罰なしに訂正することができます。訂正せずに球をプレーした場合、球が止まっていた場所が規則で許される場所であれば1罰打。球の止まっていた所が規則 で許されていない場所であった場合は誤所からプレーしたことになり2罰打を受けます。

Q:救済処置でドロップする。その場所は?

答え:救済エリアにドロップ 解説:救済処置にはすべて「救済エリア」があります。ドロップした球はその救済エリアに落ちなければならず、またその救済エリアの中に止まらなければいけません。

Q:ドロップした球が 救済エリアの中に 落ちなかった場合は?

答え:罰なしにドロップをやり直す 解説:ドロップした球は救済エリアに落とす。救済エリアに落ちない場合は、何度でもドロップをやり直します。

Q:ドロップがなぜ膝の高さに?

解説:ドロップは「頭越しに後方へ」から始まり「肩越しに後方へ」 となった。そして1984年からは「手を伸ばして肩の高さ」 に変わり、2019年「膝の高さ」に変更された。正確に救済エリアの中に落とし、速やかにプレーすることが求められている。

Q:ドロップした球が 救済エリアの外に止まったときは?

答え:罰なしに再ドロップ 解説:ドロップした球が救済エリアの中に落ちたが、その後、救済工リアの外に出て止まった場合は、罰なしに、再ドロップします。

Q:ドロップでも球が救済エリアの外に出てしまった場合は?

答え:球が落ちた場所にリプレース 解説:再ドロップした球がコース上に落ちた箇所にリプレースをします。リプレースしても球が止まらない場合、再度リプレースし、それでも止まらない場合は、ホールに近づかない球が止まる最も近い箇所にリプレースします。

Q:ドロップした球が地面に落ちる前に自分の体に当たったら?

答え:自分自身や用具に当たったら再ドロップ 解説:ドロップした球が地面に落ちる前に偶然に自分自身や用具に当たっても罰はなく、ドロップをやり直さなければなりません。

【関連記事】