Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渡部建ファミリーに「海外逃亡」計画 佐々木希が離婚に踏み切らない2つの説

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 連日、メディアを騒がせているアンジャッシュの渡部建(47)を巡る不倫劇。佐々木希(32)という芸能界きっての美人妻がいながら、複数の女性と欲望のおもむくまま不倫を繰り返し最終的には芸能活動の自粛に追い込まれた。渡部本人は芸能界復帰を強く望んでいるようだが、現状はほぼ絶望的なありさまだ。  いまは佐々木と子供とともに都内の厳重なセキュリティーのマンションに半籠城状態だという。  そんな渡部にある噂が囁かれている。なんと期間限定で海外への移住を検討しているというのだ。さる芸能関係者はこう語る。 「現在、子供の教育事情も考え、シンガポールあるいはオーストラリアなどを候補地として考えているようだ。貯金は十二分にあるし、佐々木は仕事があれば日本に戻ってくるとみられている」  それにしても、誰もが首をかしげるのが渡部と佐々木の関係。大方の予想では離婚が有力とみられていたが、周辺からは、そのような話が出てこない。 「佐々木サイドは佐々木に離婚を勧めています。今後、佐々木が仕事をするにあたり、夫が渡部ではイメージが悪すぎる。CMはまずムリでしょう。女優業にも悪影響を及ぼします。さらに億単位といわれる渡部の違約金も一緒に背負うことになる」(芸能プロ関係者)  渡部と婚姻関係を続けることで莫大なリスクを抱えることになる佐々木。離婚に踏み切らない理由はどこにあるのか。 「理由は2つ。1つは渡部が不倫した相手に騙された、いわゆる美人局に遭ったと信じ込んでいるという説。渡部の弁解を信じているといわれています。もう1つは渡部のあまりに強い性欲に対し、何かストレス性の精神的疾患などを心配しているという説。偶然ですが2017年に配信された『Hulu』オリジナルドラマ『雨が降ると君は優しい』で佐々木は“セックス依存症”に悩む人妻を熱演しているんです。だからこの症例に関する知識はあるはずです」(前出の芸能プロ関係者) ■文春では「妻を愛しています」と涙、涙だが…  発売中の文春では、涙ながらに「妻を愛してます」と語った渡部。佐々木は規格外の“不肖の夫”を支えながら、海外で2人で再出発を図るつもりなのだろうか。

【関連記事】