Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【J1採点&寸評】柏0-1FC東京|MOMは渡辺、森重も高評価!最低点「4」は退場のヒシャルジソンと…

配信

SOCCER DIGEST Web

柏――キム・スンギュは前半にビッグセーブを見せるも…

[J1リーグ2節]柏 0-1 FC東京/7月4日/三協F柏   【チーム採点・寸評】 柏 5.5 守備時の4-4-2をベースに、攻撃時は大谷がやや前に上がって4-3-3のシステムで挑んだ。オルンガが2度の決定機を掴んだが決め切れず、60分のヒシャルジソンの退場も響き、セットプレーに沈んだ。 【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!柏レイソルの「歴代集合写真」を一挙紹介! 【柏|採点・寸評】 GK 17 キム・スンギュ 5.5 26分、果敢な飛び出しでD・オリヴェイラとの1対1をビッグセーブ。しかし、62分のセットプレーでは左右に翻弄され、失点を喫した。   DF 6 高橋峻希 5 前半は自身の右サイドで目まぐるしい展開だったが、攻守で安定したプレーを披露。だが、失点シーンではアシストした森重に競り負けてしまった。 15 染谷悠太 5 球際に強く、良いシュートブロックもあった。しかし、26分にD・オリヴェイラに股を抜かれて決定機を与えたり、62分の失点では高橋とマークがかぶっていた。 2 鎌田次郎 5 62分のCKでは自らの目の前で失点。他の選手についていて対応が遅れたとはいえ、ならば味方へのマークの声掛けも、もっと徹底するべきだっただろう。 4 古賀太陽 4.5 失点時のセットプレーではボールウォッチャーになり、得点した渡辺のマークを外す。背後を取られてしまっていた。   MF 8 ヒシャルジソン 4 7分、相手のカウンターを防いだが、開始早々にイエローカードをもらう。60分にはアダイウトンにスライディングタックルし、2度目の警告でレッドカード。確かにピンチを防いだかもしれないが、退場となってしまっては元も子もない。 7 大谷秀和 5.5(70分OUT) 攻撃時はインサイドハーフ気味にプレーし、守備時はダブルボランチの一角として奮闘。攻守でバランスを保っていたが、結果にはつながらなかった。

柏――決定機を外したオルンガを厳しく評価

22 マテウス・サヴィオ 5.5(63分OUT) 高度なテクニックを活かし、あまりボールを失わなかった点は評価に値。もっとも、ダイナミックさは足りず、チャンスに絡んだとは言い難い。 18 瀬川祐輔 5.5(78分OUT) ピンチの際のプレスバックは素晴らしい。また、タイミングの良いスプリントで何度も最終ラインの裏を突いた。その動きを決定機につなげられれば良かったが。 10 江坂 任 6 立ち上がりは久しぶりのゲームのせいかもたつかなかったものの、すぐに試合勘を取り戻す。特に後半はアイデア溢れるスルーパスで、何度もオルンガの決定機を演出した。 FW 14 オルンガ 4.5 中断明けでまだトップフォームではない印象。5分に最終ラインの裏へ抜け出してビッグチャンスを得るも、シュートは枠を外れる。43分のクロスからのヘディングもミートせず。ふたつの決定機逸が試合展開と結果に大きく左右したため厳し目に評価。 交代出場 MF 28 戸嶋祥郎 6(63分IN) ビルドアップに積極的に参加し、球際も激しく戦った。数的不利の難しい状況下でも、J1デビュー戦にしては悪くないプレーだった。 MF 39 神谷優太 5.5(70分 IN) 独特なドリブルで攻撃にアクセントを加えたものの、結果にはつながらなかった。   FW 33 仲間隼斗 ―(78分IN) 81分には、左サイドからカットインしてシュートを放ったものの、枠を外れてしまった。 監督 ネルシーニョ 4 ヒシャルジソンが7分に1度目の警告を受けたのならば、せめてハーフタイムに交代させるなど、リスクマネジメントをする必要があったのではないか。彼の激しいプレースタイルと、FC東京の選手が審判にジャッジへの抗議を続けていた状況を考えればなおさら。結果論ではあるかもしれないが、采配の遅れがゲームに響いた。

【関連記事】