Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナで進む“ぼっち飯”、身を寄せ合えないカウンター席

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

緊急事態宣言が明けたのに伴い、徐々に飲食店が営業を再開しつつある中、飲食店の1人席の感染防止対策が注目されている。 【全画像をみる】コロナで進む“ぼっち飯”、身を寄せ合えないカウンター席 コロナ以前は、多くの店舗のカウンター席では、隣の客と肩を並べていた。筆者もよく1人で寿司屋やラーメン屋などのカウンター席で食事する機会があるが、ごく普通のことで特に気にもしていなかった。 ところが、この数カ月間に世界が一変した。店内で咳をする人がいるとついつい目をやってしまい、また「隣の客の息はかからないだろうか」と常に人との距離を意識するようになってしまった。

飲食店で導入が進むカウンター席の仕切り

現在多くの飲食店で見受けられる対策が、座席の1席空け、座席自体の減少、そして「仕切り」だ。カウンター席が満席でも、席の両サイドに仕切りを置くことで、客の飛沫が隣の人にかかることを防ぐ。 コロナの前から、1人席における「仕切り」で最も有名なのがラーメン「一蘭」。「味集中カウンター」として特許も取っており、早くから店舗で導入されてきた。 一蘭の公式ホームページによると、衛生面での対策ではなく、料理人の見た目の印象で味が左右されないために吉富学社長が考案したという。 吉冨は「作り手の雰囲気を一切排除し、お客様に一杯のラーメンのみと向き合い、周りを一切気にせず召し上がっていただける環境」を考案。那の川店では、目の前に客席と厨房をさえぎる暖簾を設置いたしました。それが味集中システムのはじまりでした。 その後、博多店がオープンする際に、初めて隣席を仕切る「仕切り板」が導入され、徐々に進化し現在の形となっていきました。(公式ホームページより) こういった理由による仕切り板の設置であったのだが、結果的に今は衛生面での対策にもなり、客の安心・安全に一役買っている。 スシロー新店の1人席がソーシャルディスタンス感凄いんだが…。 めっちゃ寿司に集中出来る…。 6月上旬、ツイッター上で回転ずしチェーン大手の「スシロー」を訪れた人が、個室のようなカウンター席が両サイドを壁で仕切られた1人席を「ソーシャルディスタンス感が凄い」とつぶやき、注目を浴びた。 ツイッターに投稿された写真にあるスシローの1人席は、「テレワークに集中できるのではないか…」とすら、思わされるほど完全な「個室感」のあるものだった。 スシローに来たはずが一蘭みたいな席に案内されたぞ… 話題になったスシローのこの店舗だが、実は特殊なケースの"お一人様席"だった。スシローの担当者は、話題になったことに戸惑ったという。 「どの店舗かは明かせないのですが、実はこの話題になった1人席は、特殊なケースで作られました。建物の構造上、こういう形の席になっただけで、この店舗で全てのカウンター席がこのようになっているわけではありません」 現状、スシローはカウンター席においては、1席空きで対応している。

【関連記事】