Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルイ・ヴィトンを擁するLVMHが「消毒用ジェル」を大量生産 香水の生産ラインを活用!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

「ルイ・ヴィトン」、「ディオール」、「ジバンシィ」、「ゲラン」といった、数々のラグジュアリーブランドを所有するフランスの大手コングロマリット企業、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン。同社が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の世界的な流行に対する支援策を打ち出した。それは、供給不足が続く手指消毒剤を大量生産し、病院などに無料で提供すること。 【写真】セレブたちは何をしてる? 「新型コロナ」感染予防対策、「自主隔離」ライフを拝見 同社は3月15日(現地時間)、「LVMHは香水と化粧品ブランドの生産ラインを使用し…16日からジェルタイプの手指消毒剤の大量生産を行います」「生産した消毒用ジェルは、保健当局に無料で提供します」との声明を発表した。CNNテレビによれば、提供先はフランスの保健当局とパリ公立病院連合。 同社は声明のなかで、「LVMHはこの取り組みを通じて、フランス国内における供給不足がもたらすリスクへの対応を支援するとともに、今後もより多くの人々が、適切な行動によって感染の拡大から身を守ることを支援していきたいと考えています」と説明している。

アメリカの疾病対策センター(CDC)は、新型ウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防ぐためにはよく手を洗うべきだが、石鹸と水が使えない場合には、アルコール濃度60v/v%以上の手指消毒剤を使用することが効果的だとしている。 今回の決定により、LVMHの化粧品や香水の生産が影響を受けることになるかについては、今のところ明らかになっていない。 フランスでは新型コロナウイルスの感染者数、感染による死者数はどちらも急増しており、政府は3月17日から15日間、全土で外出を原則禁止とする措置を取っている。

From TOWN&COUNTRY

【関連記事】