Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BEYOOOOONDS 小林萌花、編曲もこなす豊富な音楽知識とおちゃめな一面 キャラクター性を徹底解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 ハロー!プロジェクトの最新グループ、BEYOOOOONDS。2018年に結成され、2019年にシングル『眼鏡の男の子 / ニッポンノD・N・A! / Go Waist』でメジャーデビュー。寸劇などの身体要素を取り入れた個性的な楽曲が話題を呼び、オリコン週間チャート初登場1位を獲得。同年末には日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞。令和2年、さらなる飛躍が期待されているアイドルグループだ。 【写真】小林萌花  楽曲も個性的なら、メンバーのパーソナリティーも個性的なのがBEYOOOOONDS。今回の連載企画では、メンバー12人それぞれのキャラクターについて、5つのポイントを立てて紹介していく。第11回は小林萌花。いわゆる“ONLY YOUオーディション組”3人のうちのひとりだが、はたしてどんな女の子なのだろうか。 ●“フクムラダッシュ”でハロプロに興味を持つ  2000年生まれの小林にとって初めての習い事は、幼稚園生の頃の水泳だという。兄とは仲が良く、小学生の頃には一緒にサッカーアニメ『イナズマイレブン』(テレビ東京系)を観ていて、劇中の技を真似したり、主題歌を一緒に歌っていたという。このアニメの主題歌を担当していたのはBerryz工房だったが、当時は特にハロプロのアイドルだとは意識していなかったそうだ。また、中学に入ってからは剣道部に3年間所属していて、剣道二段を取得。  これらの経歴だけ見ると活発的な女の子だと思えそうだが、やはり小林の一番の特徴は、ピアノが弾けるというところだろう。彼女がピアノを習い始めたのは、水泳と同じく幼稚園生の頃。その後も小中高、そして現在もアイドル活動と並行して通学している音楽大学にて、継続してピアノおよび音楽理論を体系的に学んでいる。高校時代には『第8回ジュラ・キシュ国際ピアノコンクール』の高校生部門で第2位に入賞するなど、その腕前は確かだ。  そんな彼女がハロプロに興味を持つきっかけになったのは、モーニング娘。’14のコンサート映像。2014年開催の道重さゆみ卒業公演を観て、足をつった道重のもとへその場の判断で駆け寄る譜久村聖という、ファンの間では“フクムラダッシュ”と呼ばれている名シーンに感動したという。  そして2018年開催の『ハロー!プロジェクト“ONLY YOU”オーディション』へ応募。平井美葉、里吉うたのと小林の3名が合格となり、BEYOOOOONDSへ加入することになった。このオーディションは才能・技能を持つ女性を広く募集したもので、平井と里吉はダンス、小林はピアノという特技が買われての合格だった。同年12月のイベントにてファンの前へ3人がお披露目され、BEYOOOOONDSはここで現在の12人体制となった。 ●BEYOOOOONDSのピアノマシーン  古くは真野恵里菜、近年ではモーニング娘。の佐藤優樹や野中美希、Juice=Juiceの段原瑠々などピアノを得意とするメンバーは数名いるが、小林はその個性をより前面に押し出している。  BEYOOOOONDS加入から3カ月後の2019年2月、小林による「シルバーの腕時計」ピアノ演奏動画がアップされた。モーニング娘。のアルバム曲を、自ら楽譜に起こしてピアノバージョンにアレンジ。演奏のみならず編曲まで手がけたことで、彼女のポテンシャルの高さをファンに広く知らしめた。  BEYOOOOONDSのライブでは、小林はピアノを実際にその場で弾いている。場合によっては「ニッポンノD・N・A!」のようにショルダーキーボードを使用してパフォーマンスすることも。レコーディングでも小林がピアノ演奏することが多く、これまで「Go Waist」「アツイ!」「We Need a Name!」「きのこたけのこ大戦記」「小夜曲“眼鏡の男の子”」の5曲でピアノプレイヤーとして彼女の名前がクレジットされている。特に「小夜曲“眼鏡の男の子”」は、シングル曲「眼鏡の男の子」をピアノアレンジしたインストチューンで、小林のピアノプレイをじっくり堪能できる楽曲だ。5曲中4曲はYouTubeにてレコーディング映像が公開されている。  コロナ禍の現状を反映して、自宅でも楽しめる動画が多数アップされている昨今。当連載の清野桃々姫の回でも紹介したが、BEYOOOOONDSは「眼鏡の男の子」「都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて」のアカペラバージョン動画を公開しており、そこでは小林のピアノを伴奏としている。本稿執筆の数日前には「ニッポンノD・N・A!」のセルフカバーバージョンも新たにアップされた。  また、BEYOOOOONDS以外にもJuice=Juice「「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?」と、つばきファクトリー「ふわり、恋時計」のセルフカバー動画があり、そこでも小林はピアノ伴奏を担当。もともと、小林は他グループ曲のBEYOOOOONDSボーカルによるピアノ伴奏カバー動画の企画を考えていたそうだが、そこからグループ本体のボーカルによるセルフカバー企画に発展したそうだ(参照:https://ameblo.jp/beyooooonds/entry-12591132037.html)。  小林のピアノ特技はハロプロの外へも評判が広がっている。2019年5月放送のラジオ番組『クラシック大好きアイドル全員集合!』(NHK-FM)は、STU48の瀧野由美子と兵頭葵、SUPER☆GiRLSの石丸千賀といったクラシックの素養があるアイドルをゲストに招いた特番だったが、小林もスタジオゲストの一人として出演。番組内ではショパンの「革命」を小林がピアノ演奏する一幕もあった。今後もこういった類の仕事が増えていくのかもしれない。  BEYOOOOONDSメンバーとしてアイドルの仕事をこなしつつ、音楽大学へも並行して通学するというのは並大抵のことではないと思うが、2019年1月更新の小林本人のブログ(参照:https://ameblo.jp/beyooooonds/entry-12435636398.html)では、「特技のピアノは、数日間弾かないだけで技術が落ちていってしまうもの。それを武器として加入したからにはピアノを学び続けなくてはいけません。そのために、大学進学との両立を目指すことにしました」と大学進学の理由の述べたうえで、「私にとってハロー!プロジェクトへの加入は夢ではなくて、現実です。「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざも世の中にはありますが、私は二兎を追って二兎以上を掴んでいきます」と熱い決意を語っている。

【関連記事】