Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ランボルギーニ、サーキット専用ハイパーカー「SCV12」を予告

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
carview!

伊ランボルギーニは6月23日、開発中のサーキット専用ハイパーカー「SCV12」を予告する動画をオフィシャルサイトにアップした。 【動画付きで見る】 フランス南部の名門サーキット、ポール・リカールを駆け抜けるSCV12。動画を見る限り、今夏発売予定のSCV12は順調に開発の最終テストをクリアしたようだ。モータースポーツ部門スクアドラ・コルセがレース経験をフィードバックした同車は、社内デザイン部門チェントロスティーレの手になるボディーワークで、GT3レーサーを上回るダウンフォースを発揮。メーカー史上最強の自然吸気V12が叩き出す830hpの最高出力を、トラディショナルな後輪駆動でアスファルトに伝える。 フロントの大型スプリッター、ボディ側面の整流板、リアの巨大なカーボンファイバー製ウイングなど大胆な空力パーツは、公道走行のためのくびきから逃れて、純粋に走りを追求したことの証。また、ボンネットに設けられたダブルインテークも、こけおどしではなく、エアーを後方のラムエアインテークに導くためのもの。車速によって圧縮された空気はルーフ上から取り込まれ、高圧のままインテークマニフォールドに送られてエンジン出力を高める役割を果たすのだ。 レーシングマシンさながらの設計は、フルカーボンファイバーとなるシャシーや、軽量化およびウェイト配分の改善のため構造材の一部としてシャシーに組み込まれた6速シーケンシャルギアボックスからも明らか。さらに、リアのプッシュロッド式サスペンションはギアボックスに直接取り付けられる。あり余るパワーに対応して、フロント19インチ、リア20インチのマグネシウムホイールにはピレリ製スリックタイヤを履くなど、足元もサーキット専用でなくては実現しえない仕様だ。 SCV12はごく限られた台数のみが本拠サンタアガタ・ボロネーゼの工場で生産される。オーナーに対しては、ル・マン24時間レースを5回制したエマニュエル・ピロによるドライビングプログラムが用意される。

株式会社カービュー

【関連記事】