Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西武池袋でイベント「東京カレーカルチャー」 さまざまな切り口でカレー文化を紹介

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 カレーイベント「東京カレーカルチャー」が9月2日、西武池袋本店(豊島区南池袋1)で始まる。(池袋経済新聞) 【写真】千歳船橋「Kalpasi」のカレー  音楽・ファッション・アート・ライフスタイルに広がるカレーカルチャーに触れる企画を展開。3000軒以上のカレー店を渡り歩き、「カレー細胞」の名前で知られる松宏彰さんがプロデュースする。  イベントスペースでは、クリエーターによる作品やカレー関連商品を販売するほか、ミニイベントも開催。さまざまな有名カレー店の味をレトルトカレーで再現する「36チャンバーズ・オブ・スパイス」の商品も用意する。  デパ地下のイートイン店「お食事ちゅうぼう」では、週替わりでカレー店企画を展開する。9月2日~8日は千歳船橋「Kalpasi」、9日~15日は高円寺「negombo33高円寺」、16日~22日は青山「ハブモアカレー」が登場する。  「カレー×音楽」の企画では、下北沢の「カレーの店・八月」のオーナーでロックバンド「サニーデイ・サービス」メンバーの曽我部恵一さんが、自身のレコードショップ「PINK MOON RECORDS」からセレクトしたレコードやCD、グッズを販売。「カレーの店・八月」で使っている食器を手掛けるちえちひろさんの食器も用意する。9月12日18時~19時には、参加無料イベント「曽我部 恵一さん×カレー細胞さん トークセッション&ミニライブ」も行う。  「カレー×ファッション」では、「カレーを纏う」「スパイスを纏う」をテーマに、「東京カレーカルチャー」のオリジナルTシャツやスパイスを閉じ込めたアクセサリーを販売する。  「カレー×アート」では、スパイスの刺激からインスピレーションを得たアート作品やグッズを販売。インドをテーマに絵画の制作やパフォーマンスを行っている武田尋善さんの作品やポストカードを用意するほか、9月5日には「武田 尋善さん ライブドローイング」も行う。  「カレー×ライフスタイル」では、カレーがある暮らしを彩る国内外のライフスタイルグッズを販売する。「おうちカレーが映える食器」「テイクアウトが楽しくなるお弁当箱」などのほか、カレー細胞さんセレクトのスパイスやレトルトカレーも用意する。  スパイス文化を発信する「東京スパイスハウス」の、スパイスからカレーを作るスパイスセット、スパイス酒自作セットなどを用意。9月21日・22日の12時~17時には、イベント「東京スパイスハウス オーダーメイドスパイス」(参加費540円~)も予定する。  開催時間は10時~21時(日曜・祝日20時まで)。9月22日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】