Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

軽自動車用のエアコンを流用し、負荷を最小限に抑えながら、夏の猛暑の中も涼しく走れる!|1963年式 日産 セドリック・スペシャル Vol.3

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Nosweb.jp

1963年式 日産 セドリック・スペシャル Vol.3 今回の撮影車両は、三重県の旧車専門店「ヴィンテージ宮田自動車」がレストアを手がけた車両。 リアドアにも設置された三角窓や、1965年式以降に設定されていたワインレッドの内装に準じて仕上げられたシートなど【写真6枚】 「在庫販売車両をベースにレストアするのであれば、お客さまの要望どおりの仕様で製作するのですが、このセドリック・スペシャルは、当社の技術力、企画力をお客さまに見ていただくために、コストを度外視して仕上げてあります」  と話すのは、店長の吉田杜斗さん。コンセプトは「当時の新車の雰囲気を堪能していただく」だそうで、実際に細かなパーツ1つまで隙のない仕上がりとなっている。 ただし、ただ忠実にレストアするだけでなく、そのクルマが歩んできたストーリーや、現代の道路事情に即したアレンジも加え、普段でも快適に乗れる工夫が凝らされているのも特徴。 本来スペシャルの前後シートは、織り生地を表皮材として使ったタイプがオリジナルだが、元のオーナーが1965年式以降にあったワインレッドの内装を気に入っていたそうで、その仕様に変えられていた。レストアに際して元に戻す方法も考えたそうだが、個体のままを尊重。同じ仕様でシートや内装を張り替えている。 さらに現代の交通環境でも快適に乗れる工夫が随所に盛り込まれているのも特徴。たとえばエアコンは軽自動車の負荷の少ないコンプレッサーを使い、システムをワンオフで製作。熱対策としてラジエーターとエアコン・コンデンサーの前には、押し込みタイプの大型電動ファンを追加するなど、旧車を知り尽くしたヴィンテージ宮田自動車ならではのモディファイがなされている。 また、後付けホワイトリボンを装着して、年代物の雰囲気を醸し出しているが、タイヤは新品のダンロップEC201、205/70R14を選択して安全性を確保している。 半世紀以上前に生産された高級3ナンバーセダンを、灼熱の外気に関係なく涼しい顔で走らせる……こんなクールなことが、難なくできてしまうのだから驚きだ。

Nosweb 編集部

【関連記事】