Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「佐藤浩市さんのお膝に乗っていましたからね」田口トモロヲ&木村祐一、俳優・寛一郎の少年時代を振り返る

配信

TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」4月22日(水)のお客様は、俳優・田口トモロヲさんと、お笑い芸人・木村祐一さん。今回はリモートでの対談となりました。映画「ゆれる」(2006年)、映画「少年メリケンサック」(2009年)で共演したお2人が、撮影当時を振り返りました。

◆映画で共演した星野源、楽屋で会った寛一郎…

木村:映画「少年メリケンサック」の撮影は2008年ぐらいでしたね。 田口:そうですね。公開が2009年でしたね。 木村:楽しい撮影の日々でした。おっさんばっかりでね(笑)。 田口:はいはい(笑)。 木村:1人、(宮崎)あおいちゃんがアイドル的な感じでいて。 田口:そうですね。 木村:我々がパンクバンド「少年メリケンサック」のメンバー役で。あと、僕らがライブハウスでめっちゃ暴れるシーンがあって、そこに星野源ちゃんも出ていたんですよ。 田口:そうですね。自然派のナチュラルな優しい曲を歌うロックバンドのメンバーで。 木村:そうそう。それを、僕らパンクスは苦々しく思って。ライブ中にどつきに行くというね。昨年くらいに源ちゃん会って、「そんなこともありましたねー」なんて言ってね。あと、(「少年メリケンサック」リーダー役)佐藤浩市さんの息子さん(俳優・寛一郎)も当時、楽屋に来ましたよね。 田口:来ていましたね。 木村:当時は小学生でしたね。今もうデビューされて。 田口:浩市さんのお膝に乗っていましたからね。 木村:そう。あのとき、確か小6とか言っていて、“やっぱり、男の子でもお父さんの膝に乗るんだな”って思ったんです。 あと、浩市さんは撮影時、髪の毛をツンツン立てたヘアメイクをしていたんですけど、普通はみんなメイクを落として帰るんだけれど、浩市さんは「今日はこのまま帰って息子を驚かしてやろうと思って」と言ってね。 田口:ありましたね。 木村:そんな、いい感じの親子関係なんだなぁと思いました。その子が今は俳優さんとして活躍されていて。早い。 田口:昨年、浩市さんと映画の撮影で一緒になったときに、当時の息子さんの話をして「あのとき膝に乗っていた息子さんが、今は俳優さんになられて」って。すごく早いです。 (TOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」4月22日(水)放送より)

【関連記事】