Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で好調な Shopify 、テレビ番組の制作をスタート:「ブランディングは一切行わない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

小売企業のWebサイト支援サービスを提供するShopify(ショッピファイ)は、コロナ禍のなか急速な成長を続けている。同社の時価総額は今年に入ってから実に148%も伸長。現在、同社は異例ともいえるテレビ業界への参入を目論んでいる。 同社のコンテンツ制作を行っているShopify Studios(ショッピファイスタジオ)は、8月18日から初のテレビ番組『アイ・クイット(I Quit)』をディスカバリーチャンネルで放送開始。同番組は仕事を辞め、起業した人たちを追った全8話のリアリティ番組だ。同番組には同社COOのハーレー・フィンケルシュタイン氏がメンターのひとりとして出演するものの、基本的にShopifyのマーケティングや宣伝は行われない。実際、テレビやオンライン動画の制作に長年携わり、2019年9月からShopify Studiosの責任者として活躍しているサラ・ノース氏は、同番組で「ブランディングは一切行わない」と明言している。 2019年1月に立ち上げられたShopify Studiosは、テレビや動画配信プラットフォームに向けた、リアリティ番組や映画の制作開発を手掛けている。ノース氏は、今回の長編ドキュメンタリーに、Shopifyのクライアントとなるブランドや利用客などが登場することはないと述べている。Shopify Studiosは、COOであるフィンケルシュタイン氏直属の組織で、マーケティング部門とは無関係に運用されている。このことからもShopify Studiosのマーケティング色の薄さが見て取れるだろう。 ノース氏は「Shopify Studiosは、映画やテレビコンテンツの制作に関する総合的なサービスを中核とする組織だ」と述べている。Shopify Studiosは、こういったコンテンツプロジェクトの立ち上げから制作、エージェンシーへの販売、オンエアに至る一連の業務を手掛けている。

【関連記事】