Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メルセデスAMG、E63の改良版を本国で発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
carview!

独メルセデス・ベンツは6月18日、主力モデル「Eクラス」の高性能バージョン「メルセデスAMG E63 4MATIC+」の改良モデルを本国で発表した。 【写真をもっと見る(25枚)】 本年3月に行われたEクラスのマイナーチェンジ時には未発表だった「E63」がついに公開された。Eクラスのチューニングは、AMGにとっては“伝統”となっており、BMWのM5に対抗しながら、クラストップレベルのモンスターマシンを生み続けてきた。今回の改良モデルも対抗馬となるM5のマイチェンに合わせてきて、並々ならぬ気迫が伝わってくる。 改良後のE63ラインナップは、従来と同じくベースモデルとハードコアな「S」の構成。どちらにもセダンとエステートが設定され、セダンのみのM5に差をつける。内外装の変更点は基本的にノーマルEクラスに倣ったもので、ワイドなグリルやフラット化されたヘッドライトによりフロントマスクのイメージが一新された。 先にデビューした「E53」と同様、改良を機にAMG版のグリルは縦ルーバーが特徴のパナメリカーナタイプとなったが、E63ではバンパー下部のインテーク形状がさらにワイルドなデザインとされている。また、室内では新たにダブルスポークタイプのステアリングホイールが採用され、人工知能を使った音声認識システム「MBUX」も最新版にアップデートされた。 スペック面は従来型から変更なく、パワーユニットはベースモデルで571hp/750Nm、Sでは612hp/850Nmを発揮する4.0L V8ツインターボで、トランスミッションはトルクコンバーターの代わりに湿式多版クラッチを使用した9速「AMG・スピードシフトMCT」となる。サルーンの0-100km/h加速は前者が3.5秒、後者が3.4秒で、エステートではそれぞれ0.1秒のビハインドだ。Sモデルでは、ドライブプログラムを「レース」に設定した場合、AWD機構の4MATIC+を一次的に解除しRWD化する「ドリフトモード」が引き続き選択できる。 E63とM5、いずれも日本導入が今から楽しみだ。

株式会社カービュー

【関連記事】