Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍でのストレスに関する調査 常にマスクはやっぱりツラい!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オーヴォ

 BIGLOBE(東京)は、「withコロナ時代のストレスに関する調査」を実施した。この調査は、全国の20代~60代の1,000人を対象にアンケート形式で行った。調査期間は8月5日~同6日。  まず、「新型コロナウイルス流行前と比べて、さまざまなことに対し神経質になっているか」と質問したところ、「そう思う」が23.6%、「ややそう思う」が43.7%。全体の7割弱が以前と比較して神経質になっていると回答。また、「withコロナ時代になってより強く感じるストレス」(複数回答)を尋ねると、「常にマスクを付けなければならないこと」が54.5%で最多となり、「withコロナがいつまで続くかわからない不安」(53.4%)、「旅行ができないこと」(43.1%)、「感染予防で気疲れすること」(40.4%)、「気軽に人と会って話せないこと」(36.8%) と続いた。  さらに「withコロナの生活で迷惑行為だと思うもの」を質問したところ、「体調がすぐれないのに無理に仕事や学校へ行く」が69.4%と最も多く、以下「店や施設内でマスクをしない」(60.8%)、「大声で話す」(55.2%)、「大人数で行動する」(50%)、「距離が近い」(42.7%) となった。

【関連記事】