Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

祭りのない夏 : 中止の判断に“死者の声”は反映されているのか #コロナとどう暮らす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
nippon.com

畑中 章宏

新型コロナウイルス感染症の流行で2020年は各地でありとあらゆる祭りが中止や縮小に追い込まれた。観光客をひきつける大きな祭りはもちろんのこと、地域で長年受け継がれてきた盆踊りなどの夏祭りも例外ではい。「密」を避けるためには致し方のない決定だったのかもしれないが、多くの祭りは、祖霊を供養するためと、疫病除去を祈願するものだったという。祖霊が帰ってくるお盆の時期に、供養される機会を逸した死者たちは何を思うのか。民俗学者が「祭りのない夏」を考察する。

軒並み中止に追い込まれた夏祭り

未曽有のコロナ禍により、「密」を避けることができない日本の祭りの数々が、開催中止に追い込まれている。日本列島に暮らす人々がさまざまな願いを込め、切実な祈りの場としてきた祭りが行われないというのだ。 レジャー産業情報誌の調査によると、全国の集客上位の30の祭りのうち、毎年5~9月に開催される24の祭りが中止を発表。残る6つも延期が3、神事のみが2、オンライン開催1というように、「例年通り」はひとつもなかったという(「産経新聞」 6月22日付)。 “東北三大祭り”と呼ばれる「青森ねぶた祭」「秋田竿燈まつり」「仙台七夕まつり」もすべて中止が発表された。青森ねぶた祭の中止は終戦直後に大型ねぶたが市街地を練り歩く現在の形式になってから初めて、竿燈まつりは戦時中以来で戦後初、仙台七夕まつりも終戦の翌年1946年に復活して以来のことである。感染者ゼロの岩手県でも「盛岡さんさ踊り」が中止になった。 “日本三大祭り”のひとつで、山鉾行事がユネスコの無形文化遺産に登録されている京都の「祇園祭」は、山鉾巡行と神輿渡御の中止を決定。京都のお盆の伝統行事「五山送り火(大文字の送り火)」は、大幅に規模を縮小して行われることになった。 送り火のうち、「大文字」の中心部と頂点、端の計6カ所だけに点火、「鳥居形」は例年松明を108カ所に設置するところが、今年は上部の2カ所だけに設ける。京都五山送り火連合会は「御精霊(おしょうらい)様を送るために点火はするが、できる限り外での見物は控えていただき、自宅で手を合わせていただければ」としている(「京都新聞」6月27日付)。 大阪の夏の風物詩「天神祭」は、大阪天満宮本殿での神事を神職のみで営み、大川を約100隻の船が行き交う「船渡御」などは中止する。「博多祇園山笠」は、今年度は延期とし、来年度への持ち越しとしている。 コロナ禍の影響は花火大会も直撃している。花火の生産者らで組織する日本煙火協会によると、例年は全国200カ所以上で行われているが、約8割の中止が決定している(6月21日時点)。今年の夏は、もともと東京五輪の開催時期と重なっていたため取り止める花火大会が多かったが、隅田川花火大会のように時期をずらして開催を予定していた花火大会も、結局は中止に追い込まれたのである。

【関連記事】