Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海の釣り場で出会う危険な魚や生物たち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ルアマガ+

釣りを通して身近に接することができるとはいえ、魚もれっきとした自然生物。自分の身を守るために鋭い牙やトゲを身につけ、あるいは人が命を落とすほど強い毒を持つ魚も数多く存在します。しかも、そういう魚に限ってよく釣れたりするものです。この記事では、釣り場で出会う可能性がかなり高い生き物たちを紹介します。 【釣りの基礎ノット(結び方)を再確認!】

知らない生き物は触らないこと! 食べないこと!

日本の海・川には魚だけで3000種、他の生き物は数万種もの生き物がいると言われ、毒をもっているものも少なくありません。基本的に見たことのない魚が釣れた場合には、触ったり食べたりしない方が無難です。 釣り場では放置された魚を目にすることも多く、毒魚の毒は死んでも効力がすぐには失われません。子供達が触ったり靴の上から刺されたりする場合もあるので、十分気をつけましょう。

【堤防釣りでよく釣れる!】ハオコゼ

全国に広く分布し、特に内湾域の藻場などに多い小魚。防波堤からの投げ釣りやサビキなど子供達が遊ぶエリアにも多いので、家族連れの方は特に注意が必要です。 背ビレと尻ビレ、腹ビレに毒トゲがあり、刺されると激しい痛みに加え、しびれ、知覚麻痺、発熱や悪心・嘔吐、下痢等が起こります。刺された場合は、傷口を洗浄し、43℃前後のお湯に30~90分温浴すると痛みの緩和が期待できます。 ハオコゼ以外にもオコゼ類は多く、カサゴの仲間なども「オコゼ」と呼ばれる場合もあります。対処療法は同様です。

【綺麗だけど……危険!】ミノカサゴ

防波堤などで良く見かけるカサゴの仲間。長い胸ビレをなびかせながら泳ぐ姿は優雅で美しく、観賞魚としての人気も非常に高いですが、その一方で背ビレと尻ビレ、腹ビレに猛毒のトゲを持っています。刺されると激しい痛みと腫れ、しびれ、知覚麻痺、発熱や悪心・嘔吐、下痢等が起こり、ひどい場合には死亡する場合さえあります。なお、長く綺麗な胸ビレは無毒です。 ハオコゼと同様、熱によって毒の活性が弱まるので、やけどをしない程度のお湯に患部を浸けると痛みの緩和につながります。ただハオコゼなどと比べて毒性の強い魚なので、容態が悪化する前に医療機関にかかったほうがよいでしょう。

【関連記事】