Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「少林寺拳法と出会っていなければ…」 元不良・福家健司が高校生に伝えたエール

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

日本を代表する拳士が「オンラインエール授業」で全国の高校生に夢授業

「インハイ.tv」と高校高体連が明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」。8月8日は世界を制した拳士であり、現全国高校少林寺拳法連盟理事長を務める福家健司さんが登場。インターハイが中止となった全国の少林寺拳法部60人に向け、オンライン授業を行った。  この「オンラインエール授業」は、インターハイ実施30競技の部活動に励む高校生とトップアスリートらが、「いまとこれから」をオンラインで話し合う企画。これまで、ボクシングの村田諒太、バドミントンの福島由紀と廣田彩花、卓球の水谷隼、サッカーの仲川輝人、佐々木則夫さんらが講師を務め、高校生たちが今、抱く想い、悩みに寄り添いながら、未来に向かって激励してきた。  第21回の講師は、日本を代表する拳士、福家健司さん。2013年世界大会で一般男子4段以上の部で1位、2012~14年、全国大会一般男子5段以上の部で1位の戦績を残して引退。現在は全国高校少林寺拳法連盟理事長を務め、都立清瀬高の少林寺拳法部監督として、高校生の指導にもあたる。  中学2年生で少林寺拳法に入門。「中学、高校と俗にいう不良でした」と笑う福家さんは、「ケンカに強くなりたい一心で」見学に訪れた空手道場を見学。そのとき、偶然、隣で稽古をしていた少林寺拳法に衝撃を受けて、入門を決めた。  オートバイに乗り、腕試しをしながら、「その日、その日、楽しければいい」と過ごした高校時代。「何か人に負けないものを作りたい」という負けん気は強かったが、はっきりとした将来像はなく、右往左往していたと振り返る。「自分にできるのは少林寺拳法だけ。腕っぷしには自信があった」と、当時、少林寺拳法の学生王者だった日体大へ進学。その後、大学4年間の様々な経験や監督、先輩との出会いのなかで、「自分には少林寺拳法しかない」と考えるようになった、という。  高校時代を振り返り、「後悔することはいっぱいありますが、一生懸命に生きていた」と福家さん。「中学、高校時代に抱いていた大人に対する反抗心や愚直な正義感。それは、競技をやるうえで精神的な支柱となったと感じています」。  質疑応答の時間には、具体的なトレーニング法や上達のコツから、後輩への指導法、そして拳士としての将来の道に至るまで、幅広い質問が飛んだ。少林寺拳法の本質は「人づくりの行」であり、競技スポーツとは一線を画す。そのためか「競技に取り組む姿勢」に関する質問も相次いだ。

【関連記事】