Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長田、三田学園Bに大差で敗れるも収穫

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

  9月20日、高円宮杯U-18サッカーリーグ2020 兵庫県リーグ2部は第7節を実施。三田学園Bと長田の一戦は、4-1で三田学園Bが勝利した。 【フォトギャラリー】三田学園Bvs長田  序盤に見せ場を作ったのは神戸リーグ1部から、県リーグ2部に昇格したばかりの長田。県屈指の進学校である長田は受験勉強に専念するため、15人いた3年生うちの大半がサッカーから離れたが、「今年は高校総体が中止になり、まだ全てを出し切れていない。大学より高校の方がサッカーを本気でやれると思うので、最後の締めくくりとなる選手権までやりたかった」と話す主将のFW北川拓実(3年)ら5名が冬までの残留を決意。想いをプレーで表現するかのように、北川とFW田口翔太(3年)の2トップを中心に高い位置から積極的な守備を続け、相手エリアでの時間を作った。前半1分には中盤からのパスを受けた北川がドリブルでゴール前に進出。相手DFに当たられながらも左足シュートを放ったが、右ポストに阻まれた。31分にも、右サイドの高い位置に飛び出した北川が、ゴール前にマイナスのパス。中央の田口がダイレクトで合わせたが、枠を捉えることができず。格上相手に作った決定機を活かせず、北川は「前半のうちに1点も決められなかったのが痛かった」と悔やんだ。  対する三田学園Bは、「長田が蹴ってくるチームだと分かっていたけど、思っていた以上に速くて対応が難しくて焦ってしまった」(FW北福貴虎、3年)。2トップのコンビネーションを前に出て奪おうとし、背後を獲られる場面が目立ったが、「DFラインで声を掛けてサイドバックが絞り、カバーの意識を持って対応しようと話をした」(DF新井生、1年)。相手のストロングポイントを封じ、攻撃に転じると、34分にはDF西田勇大(1年)の縦パスから、ゴール前を抜け出したMF土井大志(2年)がGKをかわし、無人のゴールに流し込んだ。  後半は6分には北川の右CKから、田口にヘディング弾を決められ同点にされたが、「セットプレーでやられたけど、それ以外のピンチはなかった。攻撃も段々ボールが持てるようになっていたので、そんなに焦らなかった」(新井)。後方からしっかりとパスを繋ぎ、自分たちの流れに持ち込むと23分には、DF水田隆登(2年)のパスを受けた北福が冷静にGKをかわし、勝ち越しとなる2点目をマーク。このゴールで勢いに乗った三田学園Bは、25分にもFW長石雄太(2年)の左クロスをFW家本祥吾(2年)がダイレクトで合わせ、長田を突き放した。38分にはFW吉識立海(2年)が4点目をマーク。4-1で試合を終えた北福は「自分がやりたいことが出せたし、こういうサッカーをしてくるチームにも勝てたので自信がついたと思う」とコメント。「今はAチームの試合に出れていないけど、まだ県リーグは2試合ある。自分の活躍でチームを勝たせたいので、練習と試合でアピールしていきたい」と続けた。  対する長田はスコアこそ大差がついたが、見せ場を作る時間帯も多く、収穫はあった。「確実に昨年とは相手のレベルが違う。今日なんかは、Bチームとはいえプリンスリーグ関西の試合に出ていた選手もいるチーム。前半はこっちの方が攻めていたし、内容も劣っていなかったので、集中力さえ保てば僕らでも十分戦えるのは分かった」。そう口にするのは北川だ。それぞれが掴んだ収穫を選手権で活かせるか期待したい。 (文・写真=森田将義)

【関連記事】