Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#しんどい君へ】副島淳さん、いじめられ「何で産んだんだ」 閉ざした心、バスケが救う

配信

読売新聞オンライン

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、今年は学校が休校し、始業は遅れ、学校行事も延期や中止になり、多くの学校で夏休みが大幅に短縮される。未成年の自殺者も3年連続で増えるなか、身の回りの変化に翻弄(ほんろう)され、しんどい思いを抱える「君」に、悩み、傷つき、苦しんだ著名人たちがメッセージを送る。

#しんどい君へ…タレント 副島淳さん(35)

 日本で生まれ育ちましたが、この容姿で悩んだことが2度ありました。  最初は、東京から千葉へ転校した小4の頃。肌の色や縮れ毛が受け入れられず、からかわれました。父はアメリカ人ですが、会うこともなく他界しました。大人になるまで海外に出た経験もありません。中身は「純日本人」なのに、自分は人と違うと強く意識するようになりました。  休み時間の校庭では、同級生が僕を的にしてサッカーボールを蹴ってきたこともありました。ほかにも、上履きや教科書を隠されたり、グループ決めで仲間に入れてもらえなかったり。学校が怖くなり、できるだけ存在感を消して、休み時間も教室で一人、下を向いて座っていました。  「学校に行きたくない」と母に訴えました。でも、母は「いじめに負けてほしくない。周りと違うことはいつか武器になる」と受け入れてくれませんでした。

変えられない外見…期待せず、心を閉ざした

 父がいれば悩みを分かってくれたはずなのにと思い、母に対して「お母さんは日本人、どうせわからない」「何で産んだ。父親はどこにいるんだ」と乱暴な言葉で当たりました。  この外見は、どうやっても変えられない。命を絶とうと思ったこともあります。でも、その勇気はなかった。徐々に、周囲にも自分にも期待せず、あきらめるようになり、サンドバッグのようになされるがまま、何も考えず、感情も持たず、心を閉ざしました。

バスケが転機に…再び外見で葛藤

 地元の中学校に進学し、バスケットボール部に入ると転機が訪れました。グンと身長が伸び、チームで頼りにされる存在になりました。自分の特性を生かすことができたのです。外見をいじられることはありました。ただ、「お前、黒いな」と言われても、「ごめん、日焼けサロンで寝過ぎちゃって」と切り返せるようになりました。  その後、バスケ一筋で高校、大学と進学。社会に出ると、再び、この見た目で葛藤を抱えました。  居酒屋で働きながら、俳優やモデルの仕事を始めたのですが、この容姿に求められるものと、僕ができることのギャップが大きかった。オーディションに呼ばれても、「英語が話せないの?」「リズム感がないね。ダンスできないんだ」と言われ、ため息をつく審査員から、「こいつ使えない」という心の声が読み取れました。  忘れかけていた小学校の時の葛藤がよみがえり、オーディションに呼ばれても「体調が悪い」と、うそをついて行かない日が増えていきました。

【関連記事】