Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新体制・夢みるアドレセンスが語る重圧をはねのける絆の力(1)「グループがフレッシュに」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

昨年12月21日に4人体制として再スタートしてから約9ヶ月間活動を続けてきた“新生”夢みるアドレセンス。まだ活動歴が浅く、加えてこのコロナ禍のなかで「夢アド」の看板を背負うことになった山口はのん、山下彩耶(共に2017年12月加入)、白川蘭珠、鳴海寿莉亜(共に2019年12月加入)の4人にとってここまでの道のりは決して平坦なものではなかっただろうが、グループにとって約1年半ぶりの新譜となるアルバム『SUPER JET SUPER』を9月30日に発売することが出来たのは、彼女たちにとって大きな前進となったはずだ。今回、そんな「夢アド」の4人にインタビューを行い、現在のメンバー同士の関係性やグループに対する想いなどを語ってもらった。(3回連載の1回目) 【写真12点】"カワイイの公式"夢みるアドレセンスの撮り下ろし写真    *      *     * ──新体制になってからグループの雰囲気は変わりましたか? 山口 先輩たちが卒業した次の日に新メンバー2人が入ってくれたのですが、グループがすごいフレッシュになったなって感じています。 山下 新メンバーが入ってすぐに緊急事態宣言があったので、長い間会えなかったりライブもできなかったりしたのですが、今は4人の仲も深まってきて、やっとお互いのことを知ることができました。一緒に活動してきて、良い関係になったなと思います。 ──白川さんと鳴海さんは加入当初、先輩2人(山口、山下)のことを雲の上の存在のように感じていたそうですね。そこからイメージは変わりましたか? 白川 いや~私たちからしたら今でも「芸能人」です。同じメンバーですがオーラが違います(笑)。撮影していたときも表情を作るのがすごく上手いなって思ったし、見ていて勉強になります。 鳴海 私は初対面のときは「うわ~カメラの向こう側の人だ」みたいな印象でしたが、9カ月一緒にいると今まで見えなかった一面が見えるようになってきました。いろいろ話しているうちに「あ、こんなお茶目なところあるんだな」とか「コレで笑ってくれるんだ」とかそういうのが分かってきて、距離が縮まった感じがしてすごくうれしいです。

【関連記事】