Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小矢部の「元気」詰め合わせ 農産品・加工品5日販売 石動まっちゃプロジェクト

配信

北日本新聞

 小矢部市の石動駅前商店街を活性化する「石動まっちゃプロジェクト」が5日、市内の特産品を詰め合わせた「おやべ元気BOX」を販売する。新型コロナウイルスで打撃を受けた農家や商業関係者の商品を扱うことで、支援につなげていきたい考えだ。  市内事業者の中には、デパートや土産物屋に納入した商品を返品されたり、学校給食が休止になって大量の在庫を抱えてしまったりと、コロナの影響で売り上げが落ち込んだケースが少なくない。  そうした事業者に石動まっちゃプロジェクトが協力を呼び掛け、11種類13品を用意した。「小矢部の米(my)たまご」や牛乳、コシヒカリ、トマトなどの農産物、干菓子「T五」、桜塩クッキー、市のブランド品「おやべ火ね鶏」、製麺業者の「ブラックラーメン」などをそろえた。  プロジェクト理事長の田悟謙三北日本新聞小矢部西部販売店主は「みんなでコロナに打ち克(か)とう、というメッセージを届けたい」と話している。

 午前11時から総合宴会場ばんば前で販売する。1箱2千円で、ドライブスルー方式で受け渡す。150箱用意し、なくなり次第終了する。問い合わせは同プロジェクト、電話080(2166)5570。

【関連記事】