Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

草ナギ剛「代表作だなと心から思える」トランスジェンダー役…主演映画「ミッドナイトスワン」25日公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 元SMAPの俳優・草ナギ剛(46)がトランスジェンダー役に初挑戦した主演映画「ミッドナイトスワン」(内田英治監督)が25日に公開される。過去に経験のない難役だったが、演技未経験の新人・服部樹咲(みさき、14)と共演したことで「目を見ているだけで自然と(役柄の)凪沙になれた」と振り返る。脚本を読んだ時点で号泣し、出演を熱望した意欲作で「間違いなく僕の代表作だと心から思える作品」と胸を張った。(有野 博幸)  自然体の演技で多彩な役柄をこなす草ナギが号泣するほど、脚本段階からほれ込んだ作品だ。「感動して、涙が止まらなくなった。『この涙は何だろう?』と思って、絶対にこの役をやりたい」と出演を即決したという。  これまでも全編韓国語の「ホテルビーナス」やヤクザでありながら介護ヘルパーというギャップのある「任侠ヘルパー」など難しい役柄もこなしてきたが、今回は「過去に経験したことのない、僕にとって大挑戦」。男性として生まれながら、心は女性というトランスジェンダーの凪沙役。ニューハーフショークラブで働きながら、育児放棄されていた親戚の少女・一果を預かることになる。  「あまり難しく考えてプレッシャーになっても仕方ないし、すごい感動のまま、脚本を伏せて寝ました。それが何日も続いて、考えてもできる役じゃないと思った。自分がどう役を消化するか、なんて小さいこと。映画はみんなで作り上げるものだから、悩んでも仕方ない」と開き直った。クランクインを迎え、撮影現場で凪沙のキャラクターを作り上げた。  セクシー衣装でダンスを披露する場面もあり3キロ減量するなど、できる限りの準備は怠らなかった。トランスジェンダーの人から日々、心に抱えている思いを聞く機会もあり「少しでも凪沙みたいな気持ち、悩みを抱えている人に、希望の光が差し込めばいいなと思った」。この映画がLGBT(性的少数者)の認識向上につながることも願っている。  バレエ経験を前提としたオーディションで一果役を射止めた新人・服部の存在が大きかった。「1シーン、1シーンで一果が変わっていった。それによって僕も凪沙になれた。凪沙は嫌々、一果を預かることになるけど、心の底では来てくれて、うれしかったんじゃないかな。人がそばにいてくれることで安心するものだから」  服部とは初対面。打ち解ける間もなく撮影が始まったが、それがむしろ「リアルなぎこちなさになって良かった」。最初は手探り状態で「ただただ、樹咲ちゃんの目を見てやることしかできなかった。その感じが結果的に良かったのかな」。凪沙の心に母性が芽生え、次第に心が通じ合っていく様子が絶妙で感動を誘う。  特に印象に残っているのは2人が海辺を訪れるクライマックスシーンという。「最後に海にたどり着くのはロマンチックでもあり、悲しくもあり、凪沙の人生全てを包み込んでくれるようなシーンになった」。凪沙の物語であり、一果の成長物語でもある。「見る人の立ち位置によって、感情移入する部分が違うと思う。ぜひ親子で見てもらいたい」  完成した作品を見て手応えを感じた。「出来栄えはすごく良かった。いつも、自分がやった作品は最高なんですけど、今回は本当に僕の代表作だなと心から思える」。俳優として役を演じるのではなく、なりきることを心掛けている。「どんな役も自分だと思うようにしている。そう思うことで、僕にしか出せない色とかにおいが出せると思う。常に自分でいたい」  「新しい地図」として活動を共にしている稲垣吾郎(46)、香取慎吾(43)からも絶賛された。「長く一緒にいるから、本当に言っているなとか、リップサービスだなって分かるけど、これは本気でしたね。2人に褒められると照れるんですよ。でも、もっとかみ締めるように受け止めた方が良かったな」。公開を待つファンには「心に響く映画に仕上がっているはず。みんなの心を動かしたい」と呼び掛けた。  ◆「ミッドナイトスワン」 トランスジェンダーの凪沙(草ナギ)は女装して東京・新宿のニューハーフショークラブ「スイートピー」で働いている。ある日、母親(水川あさみ)から育児放棄されている親戚の少女・一果(服部)を預かることに。社会の片隅に追いやられてきた凪沙と孤独の中で生きてきた一果に、かつて味わったことのない感情が芽生える。母性が生まれた凪沙と初めて愛を知る一果は、お互いにかけがえのない存在になっていく。やがて一果はバレリーナとしての才能を開花させる。124分。  ◆草ナギ 剛(くさなぎ・つよし)1974年7月9日、埼玉県生まれ。46歳。88年から2016年までSMAPに所属して俳優、歌手と幅広く活躍。「僕シリーズ3部作」や「任侠ヘルパー」(09年)、「銭の戦争」(15年)など主演ドラマ多数。「蒲田行進曲」(99、00年)など舞台にも出演。主な映画作品は「黄泉がえり」(03年)、「日本沈没」(06年)、「僕と妻の1778の物語」(11年)、「中学生丸山」(13年)、「台風家族」(19年)など。YouTubeのチャンネル登録者は109万人。

報知新聞社

【関連記事】