Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

嘘みたいだけど検討は「いまの時期」が正解! 今冬は「オールシーズン」か「スタッドレス」かドチラを選ぶのが正解?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

国産メーカーからもオールシーズンタイヤが登場している

 本来であれば、東京オリンピックが閉幕しているであろうタイミングになって猛暑日が続いています。こう暑い日がつづくと、はやく秋になってほしいと思ってしまうものですが、秋がくれば冬も来ます。冬になると地域によっては雪が降ります。そうです、スタッドレスタイヤを考えないといけない時期はもうすぐです。気が早いと思うかもしれませんが、最新モデルをおさえるには9月に入ったあたりで予約が必須だったりしますから、そろそろ冬季のタイヤについて考えるべきだったりするのです。 【写真】タイヤを傷める駐車のしかた!  ところで、ここ数年は選択肢が増えました。雪道に対応するのはスタッドレスだけでありません。オールシーズンタイヤを選ぶユーザーも増えています。オールシーズンタイヤというのは、その名前のとおりに夏の熱い舗装路から冬の積雪路までをカバーする能力を持っているタイヤ。雪道に対応した証「スノーフレーク」マークがついているオールシーズンタイヤであればチェーン規制時にスタッドレスタイヤと同じ評価を受けることもできます。つまり、冬場にスタッドレスタイヤに履き替えず、一年中同じタイヤを履いておけるのです。  さらに数年前はオールシーズンタイヤも海外メーカーくらいしか用意していませんでしたが、最近は国産メーカーからもオールシーズンタイヤが登場してきて、日本の環境にあったモデルも増えてきています。ですから、春夏秋にサマータイヤを履き、冬はスタッドレスタイヤと複数のタイヤを履き替えるのではなく、オールシーズンタイヤだけで一年中を安心して過ごせるという選択も可能になっています。

保険的に選ぶならオールシーズンタイヤの選択肢はあり!

 では、すべてのクルマにオールシーズンタイヤを履かせればいいのでしょうか。答えはノーです。オールシーズンタイヤの性能は、よくいえばオールマイティ、わるくいえば帯に短したすきに長しです。それはドライの舗装路性能も含めてです。スポーツカーなどでサマータイヤのグリップにこだわっているユーザーが、オールシーズンタイヤを選んでしまうと愛車の性能をスポイルしてしまいます。そうしたクルマに乗っているのであれば、サマータイヤはハイグリップを選ぶべきですし、冬にはハイスピードに対応したスタッドレスタイヤに履き替えるべきでしょう。  また、オールシーズンタイヤの走行抵抗は大きめな傾向にありますから、燃費最優先のエコタイヤを履いているようなハイブリッドカーに履かせると、燃費が悪化する可能性があります。もちろん、燃費の悪化分とスタッドレスタイヤを別途用意するコストを考えたときに、1セットのオールシーズンタイヤで済ませたほうが経済的と考えるのであればエコカーの足もとをオールシーズンタイヤにしてしまうことも悪くはありませんが、そうしたネガがあることも覚えておきたいものです。  さらに注意したいのは降雪地域でクルマを利用するドライバーの選択です。オールシーズンタイヤは雪道を問題なく走れる性能を持っているわけですが、降雪地域の市街地で課題となるアイスバーンなどカチカチに凍結した路面でのグリップ性能はスタッドレスタイヤに一日の長があるというのも事実。ですから、がっつり雪の積もるような地域ではオールシーズンタイヤよりスタッドレスタイヤを選ぶほうが賢明です。  こうやって見てみると、オールシーズンタイヤを履くメリットはないように思えてきますが、そうではありません。標準的でとくにこだわりのないサマータイヤを履いていて、冬場は保険的にスタッドレスタイヤに履き替えているようなユーザーにとっては、履き替えの手間も不要ですし、コスト的にもオールシーズンタイヤを選ぶというのはメリットがあります。  まとめると、サマータイヤにこだわっているユーザーや、燃費を優先したタイヤを履いているクルマにはオールシーズンタイヤは向いていません。また、ブラックアイスバーンのような滑りやすい路面を走るような降雪地域のユーザーは、冬には専用のスタッドレスタイヤを履いたほうが安心です。そのいずれにも該当しないような、保険的に冬場にはスタッドレスタイヤに履き替えているようなユーザーであれば、オールシーズンタイヤのメリットを最大に享受することができるでしょう。

山本晋也

【関連記事】