Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」 6割普及に必要なこと

配信

NEWS ポストセブン

 新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性を知らせるスマートフォン向けアプリ、通称「接触確認アプリ(COCOA)」はもうダウンロードしただろうか。「個人情報が漏れそう」「メリットはあるの?」という声を聞くが、我々はCOCOAを利用するべきなのだろうか。スマホアプリに詳しいITジャーナリストの高橋暁子さんが、COCOAを利用する意義と普及への障壁について解説する。 【写真】シンガポールのコロナ追跡アプリ

 * * *  接触確認アプリ「COCOA」とは、Bluetoothを利用して、新型コロナウイルス感染者と接触した可能性について通知を受け取れるアプリだ。過去14日以内に半径1メートル15分以上接触した相手が感染した場合に通知が来るようになっている。厚生労働省が新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して開発したもので、iOS端末はApp Store、Android端末はGoogle Playから無料でインストールできる。

◆目標は人口6割も現状500万ダウンロード

「(COCOAは)人口の6割が利用することが目標」という言葉が独り歩きしているが、なぜ人口の6割なのか。

 安倍晋三首相がアプリ導入を発表した記者会見で言及した「6割」という数字の根拠は、2020年4月にオックスフォード大学のクリストフ・フレイザー教授の研究グループが発表したシミュレーションだ。同じ会見で首相は「人口の6割近くにアプリが普及し、濃厚接触者を早期の隔離につなげることができれば、ロックダウンを避けることが可能となります」と発言した。

 しかし日本の人口の6割とは、ユーザー数8400万人に上るLINEに匹敵するくらいの利用者が必要ということになる。残念ながら7月3日時点でアプリのダウンロード数は約531万件であり、目標には遠く及ばない状態だ。なぜ、導入する人が増えないのか。

「個人情報が抜かれそうで抵抗がある」とある40代主婦はいう。「誰と会ったとかどこに行ったとかわかると嫌だし、面倒くさいし、だから別に(インストールしなくても)いいかな」。

【関連記事】