Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浅野雄也の決勝ボレー弾で広島が連勝! 最下位湘南は今季2度目の3連敗

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゲキサカ

[8.9 J1第9節 広島1-0湘南 Eスタ]  J1第9節が9日に行われ、サンフレッチェ広島は湘南ベルマーレを1-0で下した。MF浅野雄也が決勝ゴールを挙げ、広島は今季2度目の連勝。最下位湘南は3連敗を喫した。  広島は連敗をストップした前節の横浜FC戦(○2-0)から4人を入れ替え、MFハイネル、MF柏好文、FWレアンドロ・ペレイラ、浅野が先発入り。対する湘南もC大阪戦(●0-1)から4人を変更し、MF馬渡和彰、MF福田晃斗、FW岩崎悠人、FW指宿洋史が先発した。  前半36分、L・ペレイラが左に展開し、PA左を縦に仕掛けた柏が深い位置からクロスを配給。ファーサイドの浅野がヘッドで合わせたが、シュートは惜しくも左ポストを叩いた。0-0のままアディショナルタイムに突入すると、浅野が次の決定機を仕留めた。  前半アディショナルタイム1分、広島は細かくパスをつないで分厚い攻撃を仕掛け、ハイネルがPA右を仕掛けて折り返す。GK谷晃生が弾いたボールを柏が落とし、走り込んだDF佐々木翔がPA左手前からクロス。ファーサイドの浅野が左足ボレーで叩き込み、公式戦2試合連続ゴールを挙げた。  ハーフタイム明けに湘南は2人を交代し、MF古林将太とFW大橋祐紀を投入。それでも広島が主導権を握り、後半30分にはMF森島司がPA内で決定機を迎えたが、GK谷が至近距離でセーブ。湘南は終盤パワープレーに出たがゴールは遠く、0-1で敗戦。今季2度目の3連敗を喫した。

【関連記事】