Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【インタビュー】「いつか日の丸を」大型CBハーフナー・ニッキ、スイスからの飛躍を誓う

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

 海外の様々な国で日本人選手がプレーすることは、常識となりつつある。  5大リーグと呼ばれる有力国の下部カテゴリーだけでなく、オランダやベルギー、さらには東欧や小国でプレーする選手は数多くいる。  父に名古屋グランパスなどで活躍したハーフナー・ディド、兄に日本代表でもプレーしたハーフナー・マイクを持つ、ハーフナー・ニッキもヨーロッパに渡り、4年半が経過した。  名古屋からオーストリア3部のSVホルン、スイス2部のFCヴィル1900と渡り歩き、昨シーズンはスイス1部のFCトゥーンに在籍。リーグ戦25試合出場4得点という成績を残した。中盤戦以降はセンターバックとして定着し、個人の結果は残したものの、チームは2部に降格したため、新シーズンは再びスイス2部でプレーすることになった。  世代別日本代表にも選出経験があるハーフナー・ニッキが今、何を感じながらプレーしているのか。海外での経験値やキャリアプラン、日の丸への想いなどを聞いた。 インタビュー=小松春生

■リーダーシップと押し上げられるプレーを求められている

―――海外に移籍して4年半、スイスでプレーするようになってからは2年が経過しました。実感したリーグのレベルなどはいかがでしょうか。 ハーフナー リーグ全体のスタイルとして、似ているのはドイツですね。球際が激しく、切り替えが多く、展開も速いです。昨シーズンのヨーロッパリーグで、バーゼルがフランクフルトに勝ったように、1部はブンデスリーガ中位くらいのレベルにあると思いますし、トップチームはヨーロッパで戦えるレベルです。 ―――各クラブのチーム作りの傾向はどう見ていますか。 ハーフナー 若手をどんどん使っていく国、リーグです。ドイツやフランス、隣国のイタリアに移籍していく若手もすごく多いです。プレースタイルとしては、テクニックよりもフィジカルを重視しています。 ―――スイス国内でのFCトゥーンの位置づけはいかがでしょう。 ハーフナー 強豪クラブの1つであるヤングボーイズがある首都ベルンの隣町のクラブなので、トゥーンで活躍した選手はすぐにヤングボーイズへ移籍するイメージですね。毎年1人か2人は移籍しています。なので、スイスのトップチームに移籍する手前にあるクラブ、という感じです。 ―――現在はどういったチーム作りをしていますか? ハーフナー 昨シーズンは1部残留を目標にしていましたが、それを成し遂げられなかったのが現実で。オフに実力ある選手が何人か抜けて、これからも出入りがあるかもしれません。今シーズンは若手を使いながら、1部に戻るためのチームを作っています。僕も中心選手として、実力を発揮するようなチーム作りに貢献したいです。 ―――昨シーズン含め、チームや監督からはどういったプレーを求められていますか? ハーフナー 一番はリーダーシップで、積極的にコーチングをしています。あとは、高い位置からプレッシャーをかけていくチームなので、恐れずにどんどん押し上げられるセンターバックとして、そういったプレーを必要とされています。 ―――その求められているプレーを続けてきて、自身のプレースタイルとのギャップを感じた部分や成長している面はいかがでしょう。 ハーフナー 周りに「うるさい」と言われるくらい、コーチングは常に意識してきましたし、積極的に前からボールを取りに行くタイプのセンターバックだと思っていたので、そこはチームのスタイルと合致していると思いました。ただ、それ以上にスイス1部のレベルが高く、「前から行く」にしてもインターセプトを狙うのか、前を向かせない守備をするのか。同じプレーでも局面のレベルが当然上がっているので、成長しないといけない部分でした。昨シーズンの前半戦はあまり試合に絡めませんでしたが、自分の成長を感じるとともに後半戦は出番も増えて、1部でもやれる自信と手応えを得ました。 ―――これまで日本、オーストリア、スイスとプレーしてきて、スタイルや環境が適合している感覚はありますか? ハーフナー もちろんもっとレベルの高いところでやりたいと思っています。スイス1部もレベルは高いですけど、もう一段階上のレベルでもフィットできるという感覚を持っているので。どんなチームでも、当然やりがいはありますし、成長は感じていますけど、居心地の良さはまだ見つけられていないです。 ―――どちらかというとフィジカル寄りであるリーグとのことでしたが、日本ではフィジカルの優位性を感じながらプレーされていたと思います。その優位性が保てないような環境へと移りました。 ハーフナー プレースタイル、戦術もですが、日本はテクニックが優れていて、速い。グラウンダーのパスサッカーをする国なので、自分の高さを生かすには、ヨーロッパの方がやりやすさがあります。体が大きいので相手がすぐ倒れてしまい、日本の方がファールをよく取られていました。

【関連記事】