Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クォン・サンウが孤高の天才棋士に 韓国ノワール・復讐“囲碁”アクション『鬼手』予告解禁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 映画『鬼手(きしゅ)』より、主演のクォン・サンウ演じる孤高の天才棋士が、「人生は二つに一つ。遊び場になるか、生き地獄になるか―」という裏社会の暗黒棋士たちとの死闘を繰り広げる予告編が解禁された。 【写真】クォン・サンウが驚異的な肉体に!映画『鬼手』フォトギャラリー  本作は、孤高の天才棋士vs裏社会の暗黒棋士たちのバトルを描くバイオレンスノワール。囲碁という頭脳的競技の“静”と格闘アクションの“動”を融合させスマッシュヒットしたチョン・ウソン主演の映画『神の一手』(2014)のスタッフが再結集し、韓国映画の十八番である“復讐(ふくしゅう)”という血生臭いテーマと、怒濤(どとう)の囲碁アクションを合体させ、仁義なき戦いを描いた。  宿命を背負った孤高の天才棋士グィスを演じるクォンは、本作のため3ヵ月以上の激しいトレーニングで6キロ以上の筋肉を増量、体脂肪9%という驚異的な肉体を獲得するとともに、プロ棋士の指導のもとで囲碁を体得。脇を固める個性派キャストには、『アジョシ』のキム・ヒウォン、『ゴールデンスランバー』のキム・ソンギュン、『犯罪都市』のホ・ソンテ。さらに現在Netflixでも配信中の人気ドラマ『ザ・キング:永遠の君主』に出演している次世代スター、ウ・ドファンが、もうひとりの復讐者役で怪演を披露している。  予告編では、幼くして姉を死に追いやられ、復讐に人生を捧げた主人公グィスが、血のにじむような修行によって精神と肉体を極限まで鍛え上げ、強敵たちとの鮮烈な“賭け囲碁”対局に挑む様が描かれる。「負けたら自分で手を切る」という残忍な占い師との闘いや、100人組手対局、さらに猛スピードの列車が迫る線路上での命がけの対局など、想像を絶する囲碁シーンが次から次へと展開。またウ・ドファン演じる秘められた過去を持ち、グィスへの復讐に燃える男との激しいアクションなども映し出される。  本作で長編デビューを果たしたリ・ゴン監督が「キャラクターごとにあう、囲碁のスタイルや対局の場所を考えるのに相当悩んだ」と語るように、キャラクターごとに異なる色味や質感を用いたスタイリッシュな空間とスピード感あふれる映像も見どころとなる。  また、7月1日より、第2弾の特典付き鑑賞券(税込1500円)が販売開始となる(一部劇場のみ)。特典は“特製<復讐>クリアファイル”で本作のキャラクターが勢ぞろいしたデザイン(数量限定)。  映画『鬼手』は8月7日より全国順次公開。

【関連記事】