Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韓国、極限の修行強要する教会 「出したもの」食べさせるリーダーシップ訓練

配信

ニューズウィーク日本版

街を歩けばあちこちで十字架が見える韓国。だがなかにはあるまじき行為を強要する教会も──

今年2月、韓国・大邱市から発生した新型コロナウイルスの集団感染は、その原因となったクラスターとして、宗教団体「新天地イエス教会」の名を全国に知らしめた。この教団の布教活動によって新型コロナも一緒に広めていたという実態が明るみになると、教団に対して多くの非難の声が集まったのは記憶に新しい。【ウォリックあずみ】 [動画] 狂気の訓練強要する神父 そして、その3カ月後、またしても宗教がらみの衝撃ニュースが韓国を駆け巡った。今度は、「光と真理教会」という宗教団体の行き過ぎた信仰訓練が波紋を呼んでいる。 4月28日、プロテスタント教会系のニュースサイト「平和の木」は、光と真理教会の元信者である通報者の発言と、教会の内部資料を元に、この教会内でどのようなことが行われていたか、その悲惨な実態をスクープした。 <脱退信者が教会を告発した理由とは......> 「光と真理教会」は、信仰心を高めるため、さまざまなプログラムを用意しているが、そのなかには「リーダーシップ訓練コース:LTC, Leadership Training Course」と呼ばれる常識では考えられない訓練が日常的に行われているという。 特に、韓国で大きく報道され国民を驚愕させたのが「自分の糞便を食べる」という内容だった。その他にも「生ごみの中に入る」「数人で共同墓地に行きお互いを鞭打ちする」「ヤンスリからソウルまで(約35キロ)、時間内に歩いて帰ってくる」「寝ないでいつまで起きていられるかを競う」など、拷問かと見間違えるような内容が暴露された。 ほかにも梨泰院に多く点在するトランスジェンダーのお店で、「いかに異常なことか説教を説いてくる」などもあり、多様性を認めない人権侵害の面からも批判を浴びている。 記事が出た1週間後の5月5日には、脱退信者とスクープを掲載した「平和の木」が教会を告発する記者会見を開き、さらに多くの注目が集まるようになった。 また5月26日には、地上波局MBCの看板番組である報道ドキュメンタリー『PD手帳』が、「大便を食べさせる教会、奴隷になった信者たち」という衝撃のタイトルで特集番組を放送した。番組内では数名の元信者が内部情報や訓練について語っているが、話題となった人糞を口にした元信者の女性も登場し、被害の内容を明かした。

【関連記事】