Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

HCに浜口氏就任 グラウジーズ 「チームの士気高める」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の富山グラウジーズは21日、2020-21年シーズンのチームスタッフを発表し、ヘッドコーチ(HC)には昨季までB1京都を指揮した浜口炎(ほのお)氏(50)が就いた。  浜口氏は東京都出身で、1994年に愛知学泉大で指導を始めた。米国へのコーチ留学、豊田自動車(現アルバルク東京)のアシスタントコーチを経て、bjリーグがスタートした2005年に仙台の初代HCに就任。11年に京都のHCとなり、17-18年にはBリーグのチャンピオンシップ進出に導いた。  「優勝を目指すチームづくり、若い世代の育成、地域との交流などを大切にする」とし、新型コロナウイルスがスポーツ界に与えている影響を踏まえ「厳しい環境だが、チームの士気を高められるよう、まい進する」とコメントした。  アシスタントコーチは引き続き、高岡大輔と石橋晴行の両氏が務める。

【関連記事】