Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

読テレ澤口実歩アナ 故郷岩手と大阪の違いは…「ミヤネ屋」新加入

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 8月から15周年イヤーに突入した読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜、後1・55)に、MCとして読売テレビ入社3年目の澤口実歩アナウンサー(24)が加入した。故郷・岩手在住時から見ていた人気番組に抜てきされた澤口アナに大阪と岩手の違いなどを聞いた。 【写真】澤口実歩アナ「NEWS」の文字の前でかわいくガッツポーズ  大阪生活も3年目に入った澤口アナは、大阪人について「(他地域より)ぐいぐい来るなって感じです」と印象を明かした。自宅の家賃はもちろん、間取りを聞かれることに驚いたといい、「岩手の人は絶対、聞かない。あれは何なんですかね。『(語尾につける)知らんけど』も」と首をひねった。  地元のことは常に気にしているという。新型コロナウイルスの感染者が47都道府県で唯一ゼロだったときも、不安だったという。「(岩手の)友達で医者も多くて。人口当たりの医療従事者がかなり少ないので、ここで(感染)爆発したらかわいそうって思って。両親にも自粛してねと言ってます」と明かした。  また、コロナ禍で約1年半、帰省できず、盛岡冷麺をオンラインで取り寄せたと告白した。

【関連記事】