Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウィジェットがうれしい! iOS14の新しいホーム画面でできることまとめ

配信

ギズモード・ジャパン

こだわる? こだわらない? ウィジェットをiPhoneのホーム画面に自由に置けるようになったことで話題のiOS14。パブリックベータが本日公開されたので早速インストールしてみました。新しいホーム画面は便利なのでしょうか? 新たにできるようになったことをまとめました。 【全画像をみる】ウィジェットがうれしい! iOS14の新しいホーム画面でできることまとめ iOS14のホーム画面をひと言で表すと「こだわることも、こだわらないこともできる」って感じ! ※この記事は取材のための特別な許可を得て掲載しています。

ウィジェットがホーム画面に置けるようになった

今まではウィジェット専用のページにしか設置できなかったウィジェットが、アプリと一緒に並べられるようになりました。 新しいウィジェットのサイズはアプリを1マスとすると2x2、2x4、4x4の3種類のみです。アプリにしろウィジェットにしろ隙間を開けて配置することはできず、これまで通り常に上詰め&左詰めで配置されます。 まだ純正アプリしか新ウィジェットを試せていませんが、ロック解除して最初に見るページにカレンダーの予定や天気やリマインダーを表示できるのはシンプルに便利。変な話ですが、Apple Watchの文字盤でできていた体験がiPhoneでもできるようになった感じです。自分が見たい情報を厳選してこだわりのホーム画面に仕上げられます。 ただサイズが3種類のみで配置の自由度も低いので、Androidのようなウィジェットを期待してしまうと物足りないかも。

ウィジェットを重ねる「スタック」

Androidと一味違うところと言えばこれ。ウィジェットにウィジェットをドラッグ&ドロップすると重ねることができます。「スタック」という機能です。上下にスワイプするとスタックしたウィジェットがクルクルと切り替わります。試しただけでも8つ以上スタックできたので、その気になればホーム画面一枚に全ウィジェットを置くこともできちゃいそう。

空気を読む「スマートスタック」

スタックしたり配置を考えるのダルい...という人はこれを使うと良さそう。時間やアプリの使用傾向、新着情報に応じて適切な情報を勝手に表示してくれるウィジェットです。見た目はスタックと同じなのですが、アプリの順番や内容はiPhoneが空気を読んで提示してくれます。 これだけ置いておけばなんとなく使いこなした気分になれる、こだわらないための機能ですね。 僕のiPhoneではどういう条件か分かりませんが、スマートスタックに「LINE Pay QRコード決済」が勝手に現れました。LINE PayのQRコード出すのって結構めんどくさいので、タイミングが合えば使えそう。

【関連記事】