Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『名探偵コナン』名作TVスペシャルが『金ロー』で2週連続放送 青山剛昌監修のエピソード“ONE”も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて、9月11日と18日の2週にわたって、過去に『金曜ロードSHOW!』のために作られた『名探偵コナン』の名作TVスペシャルが放送されることが決定した。 【写真】2作のポスタービジュアルも  9月11日は、2016年に放送開始20周年を記念して放送した『エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』を放送。高校生探偵の工藤新一は、なぜ江戸川コナンになってしまったのか。原作者・青山剛昌の全面監修のもと、第1話「ジェットコースター殺人事件」を完全新作として新たに作り上げ、放送当時ファンの間で大きな話題となった。原作をより忠実に再現しながらも、第1話で描き切れなかったそれぞれのキャラクターたちの行動や気持ちなどのディテールを肉付けし、全く新しい物語へと生まれ変わった。  黒ずくめの組織に従いアポトキシン4869を開発するシェリー(灰原哀)など、第1話の段階では登場していなかったキャラクターも新たに登場するほか、コナンと出会う前の少年探偵団や阿笠博士、コナンが家に転がり込む前の毛利小五郎らも描かれている。また、新一と蘭が運命のトロピカルランドでデートすることになった理由など、謎に包まれていた部分も描き、その後の物語に繋がる伏線も随所に張り巡らされている。  9月18日は、2014年に原作連載開始20周年を記念して放送された『江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間』を放送。銭湯にやってきて転倒し気を失ってしまったコナンを、怪しい男2人が病院へ運ぶと言って車で連れ去ってしまう。男たちの正体は、裏の世界で有名なアドリブのタツと伝説の殺し屋・コンドウ―だった。やがて目を覚ましたコナンは、頭を打ったショックで記憶喪失に(!?)。ある企みが、コナンたちを巻き込んで、複雑に絡み合うハラハラドキドキの本格ミステリーとなっている。  脚本を手がけたのは、『鍵泥棒のメソッド』で監督、脚本を務め、第36回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞した内田けんじ。なお本作は、『鍵泥棒のメソッド』の後日譚にもなっており、映画にも出演した香川照之と広末涼子が、同じ役の声優を務めたことでも話題を呼んだ。

リアルサウンド編集部

【関連記事】