Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

脱がずに涼しくなれるガジェット。ソニーの技術がホイホイ詰め込めこまれた「Reon Pocket」で汗を引っ込めました

配信

ギズモード・ジャパン

「いまちょっと暑い or 寒い」をガジェットで克服できる。 気候変動もあってか年々暑さを増していく感のある夏。どれだけクールビズな格好をしていても、エアコン圏内を出た瞬間から汗がにじみ出てきますよね。そして次のエアコン圏内に着くと汗が飛び切るまでが寒すぎる。 【全画像をみる】脱がずに涼しくなれるガジェット。ソニーの技術がホイホイ詰め込めこまれた「Reon Pocket」で汗を引っ込めました その悩み、ソニーの「Reon Pocket(RNP-1A)」なら解決できるかもしれません。 これはいわば保冷剤モードとホッカイロモードが切り替えられるガジェットで、「冷感」と「温感」のどちらでもオンデマンドで与えてくれる、おそらく世界初のウェアラブル体感温度調節デバイス。 発売前のReonを借りることができたので、どんな感じか試してみました。

人の肌をハックした冷感

Reonには大きく分けて4つのモードがあります。冷感を与えてくれる「COOL」モード、温感を与えてくれる「WARM」モード、行動を検知して自動的に調節してくれる「AUTO MODE」、そして冷感と温感を自由に組み合わせられる「MY MODE」です。 まずはやはり、夏なのでCOOLモードを試そう…… と思ったら一瞬でした! 起動してから秒でひんやりしてきます。なんだこれ。 Reonの裏側には肌と直接熱のやり取りをするシリコンパッドがあって、そこからしんしんと冷気が肌に染み込んできます。しかもこれすごいのが、冷感が30分も続いちゃうんですよ(30分経つと自動的に切れる仕様)。 通常、たとえば保冷剤をタオルに巻いて体に当てた場合だと、はじめのうちはひんやり感がするのにしばらくするとかなり薄れますよね。これは人の肌が「温度差」の感知に特化しているからなんです。肌が暖かいうちは保冷剤との温度差で強い冷感がありますが、肌の温度を下がりきると肌と保冷剤とのあいだに温度差がなくなってしまい、肌が冷感をほとんど感じなくなります。 しかしReonには保冷剤にない知能・センサー・コントロールがあるので、肌の仕組みをハックできちゃうんです。肌が暖かい時は冷却を強くして冷感を与え、肌が冷えると一旦冷却を弱めます。すると肌がすこし温まる(冷えた肌が周りの体組織や血液から熱を奪う)ので、また肌とReonとのあいだに温度差が発生しうるようになり、冷却を強めたときに冷感があるわけです。 Reonは冷却の強さに波を持たせることで、肌の温度感覚を定期的にリセットしているんですね。いわば保冷剤を離したり当てたりするのを自動化している感じ。実にエレガントな解決策です(省電力性にも貢献する一石二鳥のアイデア)。 Reonに付属する専用のインナーに挿して使用すれば、こうした肌ハックの冷感が首元に効きます。今回はレビュー用にお借りしているものなのでインナーは使用せず他の方法で固定して試していますが、首元はいいポジションですね。歩いても大きく動かない部位なのでずれにくいですし、多少盛り上がりますがそこまで目立ちません。このポジションに落ち着くまで開発者の方が2ヶ月も暑い部屋で試行錯誤したらしいので、そりゃいいはず。もちろん他の部位に当ててもOKです(顎下とかかなり気持ちいい)。 冷感の強さは1~4段階から選べます。ただし一番強い4段階目は連続2分までのブースト機能。1~2が安静時に心地いい感じで、3~ブーストは「そこ急ぎで冷やして!」の感じ。 公式のインナーなしで外を出歩くわけにもいかないので室内で試していますが、通学・通勤時などにReonで汗を抑えられたらどれだけ助かることかと思います。建物と建物のあいだなどの短時間の暑さを、発汗少なく乗り切ることができたたら汗の匂いは発生しにくいだろうし、エアコンの効いた部屋に再突入したときも寒い思いをしなさそう。室内で試した感じだと、ちょっとした暑い瞬間ならほぼ汗なしでやり過ごせます。 ただここで気をつけたいのが、Reonは体温を上げたり下げたりするガジェットではない点です。あくまでも冷感や温感を与えるものなので、根本的な暑さ・寒さ対策にはなりません。ちょっとした暑さや寒さを乗り切らせてくれる快適ガジェットなので、体調管理は怠っちゃいけません。

【関連記事】