Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

二刀流挑戦の巨人・戸根が打撃練習公開 練習倍増に「振らないといけない立場」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

中継ぎ左腕も原監督から背中押される「二刀流の方がお前の幅が広がる」

 巨人・戸根千明投手が、二刀流への挑戦を始めている。闘志あふれるピッチングを売りに左のリリーバーとして活躍していたが、近年は怪我との闘いで昨季は26試合の登板に留まっていた。このたび高い身体能力と持ち前の打撃センスを生かすため、打撃練習を開始。ひたむきにバッティングに取り組む様子が巨人の公式YouTubeに公開されている。 【動画】テーピングはボロボロに…とにかくバットを振りまくる巨人・戸根の打撃練習映像  豪快なスイングに定評はあったが、これを本職にするためには相当な覚悟が必要だ。戸根は「今は野手の方が(練習は)多い。打撃の方が比率高いです。振らないといけない立場なので」と投手の練習をしながら、それ以上に打撃の練習を行っている。  動画の中で巨人・山崎章弘コーチの指導のもと、ティー打撃を行う戸根の様子が紹介されている。しっかりと下半身を使い、ミートすることや、ボールの待ち方などを反復練習。「ここからまた走塁とかやらないといけないし、サインも覚えないといけない。もっと細かいところも、覚えていかないといけないので、やることが多いです」と現状を踏まえながらも、「楽しいです」と笑顔を見せている。ここに本人がやりがいを持って取り組んでいることが伝わってくる。  原監督からは「二刀流の方がお前の幅が広がる」と背中を押してもらったという。エンゼルス・大谷翔平が進んでいる道は、簡単ではないことはわかっている。「そんなことをやらせてくれる環境なんてないです。誰もが二刀流なんてできることではない。一生懸命頑張るだけです」と強い決意を持って臨んでいる。ファンフェスタや投手の打撃練習でもとてつもない飛距離を見せていた。練習で技術を身につけ、公式戦で大きなアーチを描く日をファンは心待ちにしている。

Full-Count編集部

【関連記事】