Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Snow Man 深澤辰哉×渡辺翔太の“なべふか”、グループ支えるキーマン 息の合う無邪気な姿も

配信

リアルサウンド

 去る5月5日、Snow Man・深澤辰哉が28歳を迎えた。深澤はグループ最年長として、陰ながらメンバーを取りまとめたり、MCを務めたりしているSnow Manのキーパーソン。当日にはISLAND TVにメッセージ動画をアップし、「28歳は大人の魅力ってのを出していこうかなと思っております」とコメントもしていた。そんな深澤が所属するSnow Manの魅力が一人でも多くの人に伝わるよう、これまで多くのコンビを紹介してきた。今回は深澤と、彼と長年切磋琢磨してきた渡辺翔太のコンビ「なべふか」をご紹介したい。  同い年の深澤と渡辺は、約1年違いでジャニーズ事務所に入所した。グループは違えどそれぞれジャニーズJr.内グループに所属しての活動を経て、2009年Mis Snow Manに加入。以来活動をともにしてきた、約11年来の仲間というわけだ。  今や深澤は三枚目としても活躍する最年長、渡辺は肌のケアにこだわる美容好きとしてそれぞれのキャラクターを持っており、2人ともSnow Manを支えるキーマンになっていると言って良いだろう。深澤は言わずと知れたまとめ役。リーダーの岩本照は主にパフォーマンス面でグループを牽引することが多いが、深澤はメンバーたちの精神的支柱になっているように思う。実際、“ここぞ”というときにコメントをするのは深澤であることが多い。広い視野と柔軟な対応、愛情深い優しさを持ってメンバーに接しているシーンはいたる所で見られる。ラウールにとっては世話焼き“おっかさん”であり、向井康二にとっては心置きなく甘えられる兄であるようだ。この慈悲深さは渡辺にとっても同じ。MCを担当することが多いという理由もあるが、どんな場面でも渡辺の話に相槌やリアクションをして、受け止めている。  一方、渡辺はなんと言っても、歌の面でグループを支えている。デビューシングル表題曲「D.D.」でも、曲冒頭〈Come on, Everybody Take you Higher!!〉と渡辺のパートからスタートしているほどだ。そして、トークにおいても渡辺は良いスパイスに。メンバー同士ワイワイ会話していても、どこか一歩引いて見ていることが多い。かと思えば、ストレートに感情を出す時もある。実際、深澤も「思ったことを素直にパッと言う。グループでの話し合いを活性化させてくれる存在」(引用元:ViVi)と語っている。冷静かつ素直な渡辺の存在は、深澤がメンバーをまとめる上で大きな助けになっているのではないだろうか。

【関連記事】